GOODDAYS

  世の中の歪みをかいくぐってひたすら逆張りの人生を歩む俺の意見

勝どきグルメ② マグロ卸のマグロ丼の店

2017年12月23日にも同じようなことを書いたのだが、本ブログのカテゴリーに「MYグルメ」というカテゴリーを設けているものの、他のどのカテゴリーよりも内容が貧弱なため、テコ入れをしようと思い、これから数回に渡って独断でオススメしたい店を挙げること…

森友文書書き換えで考える「何のために」と「自分のために」

「何のために」 「自分のために」 「何のために」 森友文書書き換え問題で国政に激震が走っている。 籠池泰典氏が繰り出す数々の揺さぶりに屈して随意契約をしてしまった財務省近畿財務局の仕事のミスによって起こったのか、政治家の意図を忖度して無理な契…

人生を考えるうえでの真のグローバル思考⑦ 73億分の1

餌やりおっさんの数のバランス グローバルって 自然のルール 偏った考え 他者に左右されずに自由に生きようと思える あっち行ったりこっち行ったりで右往左往したが、「人生を考えるうえでの真のグローバル思考」というシリーズは今回で最後となる。 餌やり…

人生を考えるうえでの真のグローバル思考⑥ 子を持つ選択

僕の意見として、人間圏の持続可能性の問題を解決するには「ストック依存を根本的に改める」か「人間の数を激減させる」しかないと述べ、「現在の地球では、産まずにエコな生活をする人が最も偉いということになる」と述べた。 今回は、子を持つ選択と持たな…

人生を考えるうえでの真のグローバル思考⑤ 移民について

「人生を考えるうえでの真のグローバル思考」を深める上で移民の是非について考えることは欠かせない。 移民を受け入れないで国内で完結させる場合(下では「国内」と表記)と移民を受け入れる場合(下では「移民」と表記)のそれぞれについて項目別にメリッ…

晴海埠頭と選手村の2018年2月末の状況

散歩がてら晴海埠頭に行った。先日、「晴海埠頭って無くなるんすね」という内容で書いたばかりだが、なんと、結構大規模なタイル修復工事をしていた。「大規模修繕工事」とある。

人生を考えるうえでの真のグローバル思考④ 予測モデル

楽観予測モデルと悲観予測モデル 人類として打てる手のカテゴライズ 人口増のペースは減るが、その代わりに起こる危惧 ガッツポーズの日本モデル ってことは偉いのは? 楽観予測モデルと悲観予測モデル 前々回に「2100年には112億人に達すると予測されている…

橘玲氏の煽りに深く感謝

橘玲氏の著書は数多く読んでいる。多くの読書をして、鋭い視点でそのエッセンスをまとめてくれるありがたいお方である。 前に出版された「専業主婦は2億円損をする」(立ち読みしかしていないので読み込めていない)は橘氏が「幸福の『資本論』」にて述べた…

人生を考えるうえでの真のグローバル思考③ 結婚・親

COURRiER Japon 2018年3月号より 自分婚って… 自分の先天性疾患を選ぶことができない COURRiER Japon 2018年3月号より 僕は「多くの人が子育てを我慢もしくは放棄すれば人類が大幅に減って万々歳じゃない?」と真面目にかつ頻繁に妄想する。 これは人類全体…

「ザ・ボイス そこまで言うか!」3月末終了がショック

1日に8,000歩は歩くと決めているので、1日に1時間、6Km程度、主に川沿いを歩いているのだが、PodcastをBluetoothイヤホンで聴きながら散歩している。 以下、余談。 どーでもいい僕の貧弱なスマホ事情を書く。 僕が持っているスマホはタダ同然で手に入れたた…

人生を考えるうえでの真のグローバル思考② 人を減らせ

どうしたって資源は有限 人間圏巨大化のターニングポイント 将来の世界の人口と日本の人口 どうしたって資源は有限 確かに、子供の頃にはオゾン層消滅や酸性雨の脅威が大きく騒がれていたが、人類はこれらのコントロールにはある程度成功している。大気汚染…

人生を考えるうえでの真のグローバル思考① 人間圏について

今回のシリーズは数回続けて書く予定です。 僕はマクロな視点とミクロな視点で意見を述べる時に逆のことばかりを述べています。 マクロに対しては、「皆は消費しまくって経済成長に資せよ・働け」と述べ、自分というミクロに関しては一貫して「俺はケチケチ…

リフレ政策の効果と不安について③

付利をどうするのかという大問題 実質的な引き締め策として絶大な効力を期待できる消費税増税 今シリーズのまとめ

リフレ政策の効果と不安について②

金融緩和政策で財政問題を解決? 日銀はどこまで買い続けるのか? 金融緩和政策は効いているのか? 金融緩和の最も大きな問題とされている点は?

リフレ政策の効果と不安について①

デフレの何が悪いか 「足るを知る」ことで起こる合成の誤謬 インフレターゲットとは 僕個人の勝手な願い

あらゆる店が団結して現金決済とカード決済の二重料金設定をしたらどうだろうか

潔癖症の俺は現金の不潔さが苦手なので、同じ価格でクレジットカードを使える店と使えない店があったらクレジットカードを使える店を利用すると過去に述べたのだが、世界中があまりに現金撲滅に進んでいる状況を見て、これは課税当局と決済会社にとってあま…

牛丼猛者

「前はこういうクーポンを利用するのははしたないことだと思っていたのだが、節約を是と強く思うようになった」というのを個人的な理由で挙げたけど、人様はともかく、自分の中ではこれまで抱いてきた認識のほうが合っていたということを再確認しました。

無料サービスたっぷり利用中

SUPER FRIDAYいうキャンペーンのため、ソフトバンクのスマホユーザーは2月の金曜日は吉野家の牛丼1杯が無料ということで、前はこういうクーポンを利用するのははしたないことだと思っていたのだが、節約を是と強く思うようになったのと、店が空いていたので…

ネット上での評価晒し社会では飲食店も本も出せぬ

食べログなど飲食店のレビューを見るたびに、店をやっている人のことを思っていたたまれない気持ちになる。 食べログを参照することはあるが、あんなものがある限り、俺は絶対に飲食店は経営したくないし、勤めたくもない。 先日、最も高い税は有名税と書い…

最近、思わず連続で書き過ぎちゃってましたね…

1月23日に「無知の強弁の不快さ」という内容で激しめなことを書いたが、本人と会う機会があり、思っていることを全てぶつけた。 相手は気の置けない仲、かつ、とてつもなくマイペースで気の長い男なので大人の態度で聞き入れてくれた。 ここに書くぐらいだっ…

リフレ政策は好き嫌いの問題ではなく、正しいか正しくないかの問題である

今頃アベノミクスについて リフレ政策の是非という対立軸 経済学というろくでもない複雑系 今頃アベノミクスについて 1月13日に、政治や政策の軸は好きか嫌いかで考えれば良いと思っているが経済政策は違うと述べた。 安全保障は別として、選択の問題である…

晴海埠頭って無くなるんすね

東京オリンピックの選手村の建設現場の事故で作業員の方が亡くなったとのことだ。 散歩をしながら工事の様子を見ることも多いのだが、これほどの大規模なプロジェクトはなかなか見られないと思うとともに、暑い夏も寒い冬も多くの方々が懸命に作業にあたって…

意味のないマイナンバーカードとインパクト絶大なマイナンバー

交付率が1割に満たないという話もあるマイナンバーカードを作った。 顔写真付きの身分証明書には運転免許証があるし、ふるさと納税においては通知カードがあれば事足りるし、住民票や印鑑証明をコンビニで受け取れても使う予定がないからうれしくないわけで…

自動運転と自賠責保険のスキーム

自動運転車で事故を起こした時に、誰が刑事責任を取ればよいかがはっきりしないと、技術だけが先行しても政治家や省庁が簡単には導入を認めんだろうなと漠然と思っていた。 それどころか、それがはっきりしないから日本車メーカーは海外勢のようにはそこに前…

シャツの上に腹巻き巻いて気づかぬボケ

今日は生まれて初めて東京法務局というところに行ったのだが、生来のドジながら今日はあってはならぬ失態をおかしてしまった。 もう少し若い頃にこのような失敗をしたとしたら立ち直るのにかなりの時間がかかっただろうが、今日は3分間ぐらいぐぬぬと狼狽し…

高金利通貨が高くなる説と金利平価説

為替を決定づける要素にはさまざまな要素がある。 金利、インフレ率、景気、経常収支、購買力平価、経済の成熟度、財政債務、財政政策、税制、中央銀行のバランスシートの大きさ、マネタリーベース、マネーストック、政治情勢などなど、ありとあらゆる要素が…

ゼラチンで水ゼリー生活

タンパク質を安定的に摂取するために長らくホエイプロテインを飲んでいたが、腹が弱い原因が牛乳にあるとわかって止めた。 ホエイプロテインを飲む前はソイプロテインを飲んでいたが、豆乳による口腔アレルギーがあるとわかってホエイプロテインに切り替えた…

無知の強弁の不快さ

友人が書いているブログに経済のことが書いてあり、その知識の無さ、あまりの勉強の足らなさ、前提条件の勘違いぶりに唖然としただけでなく、それを棚に上げて上から目線で提言を書いている内容だったので、ムショーに腹が立った。 もちろん、友人の文章でな…

最も高い税は有名税だから有名人の人生に深く同情する

前にも同じようなことを書いたことがあるのだが、それにしても今の世の中を見ると有名人になることほどしんどいことはないと思う。 ビッグデータのために持っていかれる個人データがどう利用されているかということを考えるだけでも、もはや常人が考えるだけ…

自分で積極的に死のタイミングを決めること

特に西部氏のファンではなかったのだが、ふと、「西部邁って最近見ないけど生きてたっけ?」と思って、検索して生きているのを確認し、「勝手に殺しちゃだめやわな」と自分にツッコんでいたのが一昨日。 それだけに、今日、「自殺」で亡くなってしまったとい…