GOODDAYS 東京仙人生活

セミリタイアして質素に生きる43歳自由人のつぶやき

社会 雑感

価値観が変わりゆく日々

43年間生きてきて、特にインパクトが強かった出来事をいくつか挙げる場合、漸進的な変化としてはインターネット革命と携帯電話の普及と中国の大膨張を挙げるが、突発的なトピックとしては、冷戦終結およびバブル崩壊と東日本大震災を挙げる。 そして、今回の…

7回連続で新型コロナウイルスのネタですが…

これで7回連続で新型コロナウイルスのネタとなる。 次回は違うネタにしたいところである。 生活用品の備蓄を日頃からしておく性格なのでトイレットペーパーもマスクもコロナウイルス禍が起きて以来、一度も買いに行っていないのだが、トイレットペーパーのほ…

またまた新型コロナウイルスの件

前回も述べたが、それにしても世界は新型コロナウイルスの話題一色だ。 本ブログでも3回連続で新型コロナウイルスの話題について触れてしまうのだが、今回は思ったことを雑に書き連ねただけである。 先月行われたダボス会議では環境問題の話題一色だったそう…

新型コロナウイルスの災いを少しは福に変えられるか

年始からゴーン氏の逃亡だとか、アメリカによるソレイマニ氏殺害といった驚きのニュースが飛び込んできて、「今年も波乱の幕開けじゃのう…」と思っていたのだが、今となってはこれらはかわいいニュースだったのだと思い知らされる。 新型コロナウイルスはSAR…

「あおり殴打」と交通管理

それにしても先日の「あおり殴打」事件の宮崎文夫容疑者カップルへのバッシングはすごかったなあと思う。 この「あおり殴打」という見出しのネーミングはキャッチーだなと笑ってしまったが「ガラケー女」という呼び方はちょっと差別的だと思う。 この事件は…

逆張り的な意見を強弁する側の勇気

投資は逆張りより順張りのほうが良いと思うが、俺の生き方は世間のトレンドと逆行する逆張りのスタイルだと思っているし、このブログで述べている意見も大抵は逆張り的な意見である。 しかし、明らかに強い反感を買うことが予想される中で逆張り的な意見を述…

凶悪犯罪と反社会勢力と人権など

結局、参議院選挙は全国区は佐藤正久氏、東京選挙区は武見敬三氏に投票した。 毎回自民党を支持するわけではないのだけど、前回述べた通り、俺が最大の争点と考えたのはシーレーンの保持である。 佐藤氏に投票したのはまさにそこを重視したからであり、武見…

絶対基準でポジティブな平成

平成を振り返るということは単に直近の30年間を振り返るということにすぎないわけだが、せいぜい50歳以上の人でないと大人としての感覚で振り返ることができない。 また、30年という期間は個々の人生を振り返る期間として考えるには、その長さが占める割合が…

破産者マップ騒動

ここ1日内ぐらいに閉鎖されたが、破産者マップというとんでもない爆弾が世に投入された。 このサイトの存在を知ったのは数日前の話だったが、1日に300アクセス程度のこの零細ブログでもその存在について言及するわけにはいかなかった。 それは法根拠云々は別…

3.11と0.315%

投資利益を確定申告しないと脱税になるので、当然ながら20万円以上の利益を出した年には確定申告をしている。 譲渡所得等に対する申告分離課税の税率は20.315%だが、そのうちの0.315%は復興特別所得税である。 東日本大震災の津波の被災地における巨大な防…

すぐ炎上して世知辛いが忘却も早い

犯罪行為は断じて許されないが、容疑者もしくは犯罪者になった人が出ているコンテンツの上映や配信や販売まで止めなくていいのに…と新井浩文氏逮捕の報を受けて思った。 その他の関係者の無念を思うとそう思わずにいられないのである。 嫌なら観なきゃいいだ…

ケンカ下等

言うまでもないが、発言には「国家→企業&有名人→個人」の順で慎重さが求められる。 個人が「フィリピン人の家事代行の人にうちのバカ息子の成績表を見られても気にならないからありがたいわ。もし、日本人のおばさんのスタッフだったらうちの息子がバカだっ…

懲役2年6ヵ月の比較

はれのひ元社長の篠崎洋一郎氏に懲役2年6ヵ月の判決が下った。 どちらにせよ民事訴訟もあるだろうし、若妻と子供に同情しつつも、結構悪いことをやっても2年6ヵ月の刑で済むものやなと思った。 てるみくらぶの山田千賀子氏は懲役6年だったが、篠崎氏の判決は…

青山の児童相談所の件でネット世論が行政の援護射撃

前にも述べたが、青山の児童相談所「家庭総合支援センター」建設に関する話を見ていて思ったことを書く。港区の施設を渋谷区との境界付近に莫大な土地代をかけて作ることに対する行政のコスト意識にこそ問題の本質があると俺は思っているのだが、青山ブラン…

小さなエコと大きな課題

全く無理はしていないのだが、以下のようなことは実行しているので、どちらかといえばエコな生活をしているつもりでいる。 モノや服を滅多に買わない。 使い捨ての容器を使わない。 コンビニにあまり行かないし、ペットボトル飲料や弁当類を滅多に買わない。…

東京医科大学の入学試験における男女差別について思うこと

アメリカの大学でペーパーテストで入試をしたら人格を捨ててガリ勉に励む中国人や韓国人ばかりになるので、私学がアファーマティブ・アクションによって合格者を選別するのは仕方ないと思う。 また、高潔な人格や志の高さや手先の器用さなどが求められる医学…

野菜価格の上昇で思ったこと

毎年、正月前後は野菜の価格は高いし、農家の方も正月は休んでいただきたいところだが、今年は12月からの天候不順による影響もあり、やたらと価格が高い。 レタスもキャベツも500円なんてちょっと過去に見た記憶がない 。 数少なく並べられた200円の大根もし…

プリンシプルなきNHK

先日、国を滅茶苦茶にしてしまうダメな判決の例として「整理解雇の4要件」を挙げたが、今度は「NHKを見なくても契約は必要」とした2017年12月6日の最高裁判決について思ったことを述べる。 正直、ここ数年でネット配信が充実して、テレビは、いちいちCMがあ…

ふと美容整形とAVの話題

うちのご主人と街を散歩しながら話をしている時に、ふと、日本人で整形している人の割合の話になったので、実際はどんなものなのだろうかとググったら、高須クリニックのページに行き当たった。 記事は高須Jr.氏が記していたのだが、以下に少しだけ引用する。

村八分ニュース、いろんな意味で恐るべし

大分県の村八分のニュースが少し前に報じられたが、ニュースの受け取り手も色々な感情を抱いてしまいがちなニュースというのは、論点をある程度はっきりさせないと誤解を起こしてしまいがちなので、自分で論点を整理して考えることにした。 ニュースは2017年…

Google様はそこまでお見通しとは…

7月7日に「検索まで紐づくとは…」と書いたのだが、GPS機能がついていない一眼レフで撮った写真をGoogleフォトに撮り込んだら写真を撮った位置の地図がついていたので、調べたところ、GoogleフォトとGoogle「ロケーション履歴」という機能と紐づいているらし…

検索まで紐づくとは…

スマホにして、あまりにもいろいろな情報がGoogleなどで紐づいて、そういうことに比較的無頓着でいる俺もさすがに心配というようなことを書いたが、今日もビックリしたことがあった。 普段、会社では使用でPCを使わないのに、仕事とのからみで自分の予定をど…

外圧で動く国

民泊法が成立したようだ。 急激に増えるインバウンドも原因だろうが、世界でエアビーアンドビーが普及していることが一番の理由だろう。 これまで旅館業法というやたらと複雑怪奇で参入障壁の高い面倒な法律を作って過剰な規制を敷いてきたのに、外圧なのか…

新宿御苑で外国人を怖がってどうすんだって話

トランプ大統領が就任したが、これについて書くと長くなるし、俺が書いても仕方ないので別のことを。 もちろん、これも俺が書いても仕方ない話題だが、ムショーに腹が立ったもので。 2017年1月20日付読売新聞の「『外国人怖い』入園料とらず」という見出しで…

多空くじ

19日に宝くじの販売が終了し、31日の抽選まであとわずか。 寒空の下、会社帰りに何の買い物もしないのに電飾に彩られた銀座や丸の内を意味もなく散歩する俺も奇特なら、丸ビルのアナ雪像と写真を取るために並ぶ人も奇特だが、それでも、西銀座の売り場で宝く…

偉そうなオヤジが許されるのが嫌な日本社会

塩村都議へのセクハラ発言一部始終について、一応東京都民だし思ったことをメモ。 発言の内容云々もだが、政治家のヤジという文化が嫌で仕方ない。 あんなの政治以外の場面で発しようものなら一気に敵からも味方からも総スカンだろうにと思う。 セクハラ発言…

バレなきゃ放置で、バレたら過敏なコンプライアンス

回転寿司に使われている魚はウソばっかりとわかって食べている。 毎日食べている輸入オレンジに使われているOPPには発ガン性物質があるとわかっている。 コーヒー用ミルクやラクトアイスはただの植物油の塊とわかって使っている。 菓子パンの原材料欄を見る…

鈍感力と寿命ランキング

渡辺淳一氏著の「鈍感力」という本が流行った時には目もくれなかったのだが、数ヵ月前に文庫化された時に読んだ。 細かいことを気にしない人が健康で長生きできると書いてありそうだとは読む前から予想できたのだが、医者的な観点から見ても五感は鈍感なほう…

月島発の環境雑談?

3月31日と4月1日の間にはやはり節目を感じる。 1月から始まる1年もあれば4月から始まる1年もあるわけだが、所属する集合体の体制が変化するのも昇給するのも4月からのことが多いからあたりまえといえばあたりまえではある。 うちの親は35年前の4月1日に結婚…

難病で人の人生を借りてでも、住みたいところに住み、やりたいことをできるやさしい世の中

今の世は本当に優しい世の中だと思う…。 なんだかんだで弱者を救済するシステムが整備されている。 口減らしだの、間引きだの、姥捨てだの、孤児だのが普通にあった世の中が昔にあったことを思うと、生活保護だとか、遺族年金だとか、専業主婦への年金など、…