GOODDAYS

  世の中の歪みをかいくぐってひたすら逆張りの人生を歩む俺の意見

1年間ありがとう

長い間仕事について悩んでいて、酷い時は不眠に苦しむ日々を過ごしていた。

死んでしまったほうが楽になれるのではないかという思いが何度も頭をもたげたこともある。

そんな中で妻と、故郷に住む両親と弟はどんな時も俺を支え、守ってくれた。

家族ほどにありがたいものはない。

特に妻は俺の人生における最高の宝物である。

口ではあまり言わないが、ここで自慢の妻へありったけの礼を述べる。

 

この1年間本当にありがとう。

 

人間なので色々と悩むこともあるが、読み手がいてくれるブログには明るく、前向きなことだけを書こうと決めている。

読み手は、暗い内容を読みたくないと思うからだ。

ブログは日記でもあり、純文学でもあり、書き手によってはフィクションでもあるが、かつて俺と妻とはこのブログが縁となって結ばれた。

 

10年以上前にものすごく辛いことがあった時に、一人で家にいたら気が狂いそうになって、気を紛らすためにあてもなく電車に乗り込んで気が済むまで旅を続けたことがある。

人生でも特に辛い時間だったが、旅でもせずに止まっていることができなかった。

あの時、ひたすら旅を続けていなければ俺はどうなっていたかと思うと正直怖い。

 

今はどんな時でも妻が俺を支え、守ってくれる。

妻には愛と感謝の気持ちしかない。