GOODDAYS

東京の真ん中で仙人のように生きる俺のつぶやき

ビーチに行かなくなる・お気に入りの文具

学生の頃は伊豆の弓ヶ浜で毎年夏合宿をし、二十代中頃から10年間ぐらい毎年仲間と伊豆の白浜に行っていたが、ここ数年は国内で全く海水浴に行ってない。

白浜の代わりに浅間山のふもとに立つ友人の別荘に家族ぐるみで行かせてもらうようになった。

 

年をとってクソ暑い日本のビーチより、ほどよい気候の海外のビーチリゾートで泳ぐほうがいいなあと思うようになったというのもあるが、さらにここ数年は海外のビーチリゾートで目の前にビーチがあっても泳がなくなってしまっている。

泳がない理由は海の水があまりに塩辛すぎるためと、風が吹くと身体や持ち物が砂まみれになったり砂が目に入ったりするためと、着替えなどが面倒くさいからであるが、我ながらどんどん軟弱な人間になっているなあと呆れる。

脱げる体型はキープしているので、機会が許せばいつでも脱ぐ気は満々なのだが、気力がついていかんのである。

ちなみにグアムの海水だけは大量の淡水が流れ込んでいるのか許せる塩加減だと思う。

いずれにせよプールのほうが淡水だし、身体に砂がつかないのでベターである。

もちろん、雰囲気は大事なのでプールから海が見えるほうが良いというのは言うまでもない。

 

また、海に行かなくなった大きな理由には極力日焼けを避けるようになったというのもある。

真夏は出かけるのに必ず日傘を持ち歩くし、可能な限り外に出ないこともあって、春や秋に焼けて、夏と冬に色が白くなる傾向にあるから我ながら笑える。

湘南を散策するのは秋~春の季節に限る。

 

話は変わる。

韓国の不買運動で学校で日本製の文具を捨てるよう奨励したりしているというニュースがあったかと思うが、大人にとってもそうだけど子供にとってお気に入りの文具ってめっちゃ大切なものではないのか?と思う。

俺のお気に入りの消しゴムは三菱鉛筆のMARK SHEETで、ボールペンは三菱鉛筆のuni-ball eyeで、細い字を書くときや絵を描くときはuni-ball signoの0.28mmを使うものの、ここ30年近くは浮気していないし、他の文具に関しても似たり寄ったりなのだが、そういう人って多くないのかな~と思うし、いずれにせよ俺には別ブランドに乗り換えることなんてできない。

まあ、俺がこり固まっているだけかもしれんし、韓国の学生はいらんモノを捨てているだけかもしれんが…。

 

ところで、NHKが最近発見された、昭和天皇との対話を記した初代宮内庁長官の「拝謁記」について報じているが、驚きの内容ばかりである。

特に昭和天皇改憲再軍備に言及し、長官に諫められていたということに驚いたが、今頃になってものすごい資料が出てきたものだと思う。

 

gooddays.hatenablog.jp

gooddays.hatenablog.jp

gooddays.hatenablog.jp

 

こんな感じもとってもいいんだけど…

 

こんな感じで過ごすのがベストだと思う