GOODDAYS

東京の真ん中で仙人のように生きる俺のつぶやき

小池百合子氏が吹かせた風は…

7月25日に国民民主党玉木雄一郎代表が君子豹変して「憲法改正の議論は、しっかり進めていきましょう」と述べ、建設議論路線に転じたのかと一瞬だけ思わせたが、案の定、翌日には撤回した。

逆にやっと重い腰を挙げた立憲民主党枝野幸男代表と衆参両院の会派を合流するということで今日合意したらしい。

 

別々のままでいるよりは悪くない話なのかもしれないが、小池百合子氏と前原誠司氏が仕掛けたことと慌ててそれに乗った人達がやってきたことは膨大な無駄であり、税金の無駄遣いでもあったということになる。

そもそも民進党がどうにもこうにも立ち行かなくなったから小池氏の仕掛けに慌てて乗った議員がいたのであって、再結集をしたところでさらに弱体化するであろうことは目に見えている。

しかも立憲民主党はれいわ新選組に秋波を送っていなくもないようにすら見受けるが、この体たらくでは建設的な議論を行う二大政党の再構築は遠のくばかりだと感じる。

俺は安倍内閣をおおむね支持しつつも、「現状の自民党一強を放置したら自民党を支持する各業界団体の思う通りに世の中が動いてしまうではないか~」とも嘆いている。

 

再び二大政党制ができるには以下のような事態が起きでもしない限りは難しいのかもしれない。

ポスト安倍の首相が菅義偉氏になるのか河野太郎氏になるのかはわからないが、仮に岸田文雄氏あたりが首相になったとして不人気で支持率が低迷しただとか、大きな景気低迷のような事象が起きた際に党内が二分し、1993年に小沢一郎氏と羽田孜氏が党を割った時のように分裂して、分裂した勢力が日本維新の会などを巻き込んでもう一つ保守政党ができるというような事態である。

 

今は安倍一強で自民党政権は盤石に見えなくもないが、得票数を見る限り、何が起きるか一寸先は闇というのが政治の世界の恐ろしいところである。

小池百合子氏が起こした風は細川政権樹立時の細川護熙氏や郵政解散時の小泉純一郎氏や民主党政権樹立時に起きた風を思わせる怖さがあったが、すぐに馬脚を露したし、また、以前ならばともかく今の石破茂氏にはその風は起こせないだろうと思うけど、自民党にいれば黙っていても首相になれるであろう小泉進次郎氏あたりが何らかの信念のもとに腹を決めて風を吹かそうとしたら吹くかもしれないと思う。

でも、万が一そうなったとして、どんな政策や対立軸を掲げるかというのは全く見えないのだけど…。

 

国をまとめるリーダー像について好き勝手に述べるならば、橋下徹氏や石原伸晃氏や前原氏のようなタイプの政治家は発言は建設的だし攻めには向いていると思うものの、守勢に回るのには適さず、悪く言えば「軽い」ということになり、国を率いるには向かないように思うが、河野太郎氏のように上手く脱皮したように思える例もある。

日本維新の会という政党が掲げる政策には賛同できても「短気かつ軽い」政治家や候補者が多いから投票するたびに自民とどちらに入れるか今一度悩むという有権者も多いだろう。

俺はその一人である。

トランプ氏やフィリピンのドゥテルテ氏や石原慎太郎氏や麻生太郎氏のように「逆ギレ力」を駆使して世の中を泳ぐ方法もあるし、実際にこの手の国家元首が増えてきているのだが、品の良さを重要視する日本社会の中では逆ギレタイプはマジョリティーの支持を得にくいだろうと思う。

 

小池百合子氏が大きな風を巻き起こした都知事選では、あの時は守旧派の伏魔殿のような自民党都連に嫌気がさしたのと、禁煙条例策定のワンイシューに期待して小池百合子氏に投票してしまったが、禁煙条例の夢は叶いそうなのでそれはとてつもなくうれしいものの、今となっては投票したことを恥ずかしく思っている。

そういう意味ではオリンピック前の都知事選が楽しみである。

 

以上、粗っぽいことを好き勝手に述べちゃいました。

 

隅田川にたたずむウミネコさんとオリンピックに向けてライトアップの改修工事が進む勝鬨橋