GOODDAYS

東京の真ん中で仙人のように生きる俺のつぶやき

行政のエコ活動は矛盾ばかり

NHKが1日だけ温室効果ガス削減を目的として教育番組の放送時間を13時間削減し、それによって9.4トンの二酸化炭素の発生を削減させることができるとのたまわっているようだが、バカバカしくて開いた口がふさがらない。

そんなバカな試みをするぐらいならNHKの教育番組そのものをやて受信料を半額にしろと多くの人が思っているだろうと想像する。

 

そんなバカな試みをする傍ら、与党は観光振興のために休日高速道路の料金を一律1,000円にすると言ったりするのだから何も言う気がしなくなる。

個人的には高速道路を無料にする代わりに、さすがにここをつなげないとまずいと思える路線以外の新規高速道路の建設をやめれば良いと思っているので、この割引自体には反対しないが、車の運転ほど二酸化炭素を出す行為は他になかろうとは常に思っている。

なのに、環境省なんかはウチエコだのクールビズだの打ち水だのと焼け石に水的なおマヌケ企画をやっているが、全く行政ってやつは…。

 

最近、麻生首相の支持率が下がり続けているが、俺は、麻生氏が首相になったときに「自民党…いや、この国もこの人を首相にしてしまうほど人材不足の国なのかねぇ~」と直感的に思ったものだ。

失言癖といい、自己プロデュース力のなさといい、なんというかこんな不器用な、飲み屋のオヤジみたいな人を、こうなるとわかっていて首相にしてしまって、後になって四の五の言うんだから選ばれるほうも選んだほうもどっちもどっちだわなあ…。

森さんで懲りてなかったのかなあ。

あと、漢字の読み間違いについては、読み間違いより云々よりも、「事前に原稿に目を通していないのか?」だとか、「そもそも自分で考えた内容は何もないのではないか?」という疑問のほうがずっと上にくるなあ…。

 

何度もやるのならともかく公明党にそそのかされて1度では効果がないとわかっていて、やることになった定額給付金も効果がないだけでなく、ほとんどの国民からも全く感謝されず逆に小バカにされている状況になり、本当はもうやめてしまいたいんだろうけど、ここまできたら止めるわけにもいかないしで大変なものだね~。

 

話題は変わる。

子供の携帯電話所持について話題になっているが、大阪府教育委員会の調査だと、中1の16%、高1の33%が1日3時間以上携帯電話を使用しているんだそうな…。

確かに自分が中高生だったらかなり使っていただろうと思う。

こうなるともう理屈云々ではなく橋下氏のように強引にでもやめさせないと、社会全体にとって損失が大きすぎるように思う…。

とかくあの年代というのは友情こそが何よりも大切なものと勘違いしがちだから際限なくなるんでしょうなあ…。

大人になればある程度、何が大切かがわかるようになって、友人とのメールになんて1日に2分以上は使う気がしなくなろうものだが…。

とはいえ、俺は違うけど、家庭を顧みない仕事量や社内営業やいらぬ飲みなどに忙殺されてしまっている日本人の大人も多いわけだから子供のことはいえないか…。

 

最近、天皇陛下のご容態が思わしくないが、昔も上皇というシステムがあったわけだから早く定年させてあげればいいのにと思ってしまいますなあ。

でも雅子さんがああじゃあれか…。