GOODDAYS

  世の中の歪みをかいくぐってひたすら逆張りの人生を歩む俺の意見

会心の一撃

うちは中層階なので普段は蚊が入って来ないし、ガガンボとか蚊以外の虫が入るのは別に構わないというのと、窓の外の景色を見やすくするために網戸を外していて、この季節は寝る前まで窓も開けっ放しにしていることが多いのだが、昨夜は就寝したときにどこかから蚊が入っていた。

 

寝る→ブーンと嫌な音がする→ブチ切れて電気つける→蚊は見当たらず→寝る→刺される→痒くて起きるor嫌な音で起きる→寝る

 

これを10回ぐらい繰り返して朝を迎えた。

途中で一匹虫を殺したのだが、コイツが蚊なのかわからず、血も吸っていなかった。

ブーンという音は朝方まで続いたので、犯人はコイツではなかったのだが、おそらくは一匹の蚊から俺と嫁をそれぞれ数ヵ所ずつ刺された。

 

おかげで今日は寝不足気味だったのだが、こんなことになるとは、蚊取り線香のひとつも家にないからだ…と思い、昼休みにアースノーマットか何かを買おうとドラッグストアに行って商品を見て、嫁に何か適当に買っていいかとメールで聞くが、「デザインが悪いヤツはやめて」と返信があり、俺も「デザインが悪いノーマットはさすがにないなあ…」などと我に帰って買うのをやめておく。

この期に及んでデザイン至上主義を貫き通すバカ夫婦だが、厳選して買う前に刺されたらとっとと買わなかったことを後悔するんだろうな…。

 

今日、家に帰って、ウォークインクローゼットに服をしまっていたら、蚊には見えない茶色の虫が飛んでいたのだが、「もしや」と思い立ち、クローゼットの扉を閉めて、タイマン勝負に持ち込んでこの虫を指のスナップで軽めに叩いて仕留めた。

もちろん、掌でバチンといかなかったのは壁が汚れたら嫌だからである。

 

その茶色い虫をティッシュにのせると血が見当たらなかったので、「蚊じゃなかったか?」と思ったのだが、良く見ると黒々とした丸い袋のようなものが見え、それをティッシュでくるんでつぶすと大量の鮮血がティッシュに滲んだ。

 

その瞬間、俺がここ最近で一番のドヤ顔をしたのは言うまでもない。