GOODDAYS

世の中をかいくぐって逆張りの人生を歩む俺の意見

朝日新聞を徹底批判をする人はもしかして朝日を読み支えているのかな?

最初に僕の立場を申しておくと、僕は全てにおいて右寄りではないが、朝日新聞のことは虫唾が走るほどに嫌いである。

 

朝日新聞を読むと自分とあまりにも意見が違っていることが多くてイライラするし、朝日新聞に1円も出したくないので購読していない。

しかし、逐一朝日新聞の批判をする人は朝日新聞を読まないとそれを把握できないだろうと思うのだが、もしかして購読しているのだろうかといつも疑問に思う。

朝日批判はどんどんして欲しいが、朝日新聞の売り上げになると思うと苦々しくも思う。


日本共産党赤旗新聞のように初めから頭がどうかしているとしか思えないような政党や媒体はそもそも影響力がないのでどうでも良く思えるが、朝日新聞クオリティーペーパーとやらの地位を維持しているらしく、かつ、部数が減り続けているとはいえ、朝日新聞をまだ630万家庭の人が取って、普通に読んでいるという事実に脅威を覚える。

地方紙=共同通信にも朝日新聞毎日新聞に負けず劣らず左に傾いた媒体も多いので、それも入れればなおさらである。

新聞が戦時中に戦争を礼賛せざるを得なかったところまでは仕方ないが、その後の反動の歴史を思うと朝日新聞ほど日本の国益を毀損した団体は他になく、毀損に寄与した度合いは日本共産党日教組・活動家市民と比べても群を抜いており、朝日新聞ほど多くの日本人から忌み嫌われている団体は他にないのではないかと思う。

 

朝日新聞社は政党や宗教よりもはるかに高い伝達力を持つメディアという存在でありながら、北朝鮮は地上の楽園」と言い、安保闘争でもミスリードし、吉田証言の虚報を繰り出し、靖国問題南京大虐殺のキャンペーンを焚きつけ、ひたすら国益を毀損し続けた歴史を持っており、そのあまりの負の影響の強さゆえに僕が日本で最も嫌悪感を抱く団体である。

 

ここまで朝日新聞を悪く言うからにはこのことは言っておく必要があると思うのだが、僕に朝日新聞を読んでいた時期がないわけではない

とある所に住んでいた時、朝日新聞の販売店が何故か産経新聞も取り扱っており、「産経新聞を取ったら朝日新聞朝刊もタダでつけてくれる」というので、左右両極端の2紙を購読していた時期があるが、両紙に書いてあることが全然違っていて本当におもしろかった。

もちろん産経新聞にお金を払っていたつもりで、朝日新聞にお金を払ったつもりはない。 

 

gooddays.hatenablog.jp

 

その時期以外は、読売新聞か日経新聞を主に購読してきた。

毎日新聞は主張の合わなさもさながら、紙面があまりにもおもしろくなかったのですぐに止めた。

東京新聞も同様だが、こちらは論じるまでもない。

なお、朝日新聞は主張は合わないが、人とカネがかかっているので中身はおもしろいし、主張は真逆でも社説などの文章は最も洗練されている

 

いろんな価値観に触れることはとても大切なことであるが、やはり朝日新聞毎日新聞を読むと毎日腹を立てるわけで自分の健康に気を使うと読むわけにはいかないし、両社を金銭的に支えるわけにもいかない。

 

さらに言うと、読売新聞産経新聞の中身はおもしろいのだが、大体報じる内容や報じ方の想像がつくので目を通す必要がないということになる。

朝日新聞クオリティーペーパーと言われる理由には、読売新聞のあまりの政府寄りの姿勢を疑問視する人が少なからずいるからということになるわけだろうが、だからこそ読売にはどの新聞社よりも多くの情報が入ってくるということでもある。

 

本来、経済というのは最も俗なことであり、ましてや個別企業の業績なんてほとんどの部外者にとってどうでも良いことなはずなのに、日経新聞にはそれがいかにも重要なことのように記されていて、経済好きな僕にとっても「これが一面トップか?」と思うような内容ばかりだし、購読料が高いのも日経新聞の難点である。

でも、テレビ東京「モーサテ」は気になったものがあればストリーミング画像で見るようにしている。

そもそも、経済の基礎知識をきちんと叩き込んでからでないと日経新聞は読む意味がないと思うので、日経新聞を読んでいる人に話しかけて知識レベルのテストをしてみたいと思うぐらいである。

 

新聞のいいところは自分から読みにいかないニュースも目に入るところ、新聞社が大事と判断したことが大きく記されていて、そこをおさえることができることであり、ニュースを見る目が養われるまでは新聞を読むことは是非とも奨めたいが、ある程度それが養われると、ストレートニュースの見出しだけで記事を取捨選択できるようになるので新聞は不要になるように思う。

 

ネット上でのストレートニュースで僕が気に入っているのは他紙より文字制限の少ない「YOMIURI ONLINE」の「ニュース」をポチって出てくる「新着ニュース」なのだが、ここを見れば量を伴わずに必要なニュースを大体おさえられるはずで、見出しで価値を判断できれば新聞購読は不要なように思う。

 

国会議員足立康史氏が「日本死ね」が許されるなら「朝日死ね」と言っても問題なかろうと思ったらしく、ツイートしたらそれが大問題となったが、我が意を得たりと思った人も多かったようで、それぐらいに朝日新聞社の有害さは際立つ。

我が家から隅田川を挟んで対岸に見える朝日新聞の前でしょっちゅう右翼や街宣車が叫んでいてうるさいし、右翼や街宣車は大嫌いなのだが、相手が朝日新聞だったらまあいいかとすら思えるぐらいである。

 

というわけで、僕よりもっと朝日新聞が嫌いで朝日新聞を叩くことがライフワークの人にとって、朝日新聞の紙面に目を通さないわけにはいかず、かといって、朝日新聞の経営に資するのは悔しいしで、彼らも大変なのだろうと強く同情する。