GOODDAYS

  世の中の歪みをかいくぐってひたすら逆張りの人生を歩む俺の意見

麻生氏・鳩山邦夫氏に呆れる

私は3年半前の郵政選挙時に、郵貯に関しては漸進的に廃止するという当時の民主党案のほうが秀逸であり、民営化してもそもそも資金運用のノウハウがないので莫大な資金の運用を国債でするハメになるだけではないのか?という疑問を解消できずにいたので、守旧的な国民新党は論外にせよ、偽の改革に騙されてはならないと思って民主党に投票した。。

 

また、私は小泉氏にせよ、安倍氏にせよ、福田氏にせよ、総理大臣本人よりマスコミに対してより批判的な見方をしてきた。

しかし、麻生氏が就任した時だけは、「森氏で懲りずこんな人を総理大臣にしなければならない事態になるとは…トホホ」的なことを述べた。

 

そして、最近の麻生氏を見ると当初の予想をはるかに超えて人を強く呆れさせている。

基本的に批判のための批判が大嫌いな私ですら腹が立ってきた。

発言の正当性云々の前に、ここまで後先を考えずに発言をする浅はかで慎重さのかけらもないような人間に重要な判断の連続が仕事ともいえる首相の座を任せられるかと強く思うのだ。

まあ、多くの人がそう思っているだろうからこのことについてはこれぐらいにしておく。

 

最近おかしく思うのは、死刑を推進してきたことだけは評価できる評価してきた鳩山邦夫氏だ。

このところのこの人の発言・行動および勘違いぶりには恐れ入る。

かんぽの宿の施設を百億そこいらで売却することではなく、何千億かけて不良債権を建設した愚かさのみが批判されるべきなのにその発言内容は勘違い甚だしい。

普通に考えて、年に50億円もの赤字を出している不良債権施設の雇用を守ることを約束して高値で買うバカはおらんだろう。

氏は「地方の企業に買ってもらって云々…」と発言をしているが、日本郵政は雇用を確保するために一括譲渡にしたと説明しているわけでこっちのほうがもっともな意見だと思う。

バラ売りしたら利益の出ない宿のみが売れ残ってその雇用は守れなくなるし、鳩山邦夫氏が頭に浮かべているような「地方」の宿ほど、現地は疲弊していてとんでもない安値でもない限り買い手がつかんでしょうな…。

そもそも、政治家や行政が口を出すことでないように思うし、オリックスは雇用をコミットした上で競争入札を経て買収するというのだからどこがおかしいのかと疑問に思う。

確かに、宮内氏は小泉氏の諮問機関のトップだったが、それとこの問題には直接的な関係はないわけで、デキレースだのどうのと叩くのは情緒論に過ぎないであろう。

オリックスも買収する気がなくなったうえに傷までついてたまったものではないわなあ…。

世田谷の施設を外して買収側を不利にする変更なのに入札条件を変えるのは公平ではないだとか、日本郵政メリルリンチに支払うアドバイザリーフィーが高いだのと田舎のおっさんが言うようなことを言って鳩山邦夫氏も民主党もこれを政争の具にしようとしているわけだが本当にタチの悪い話だ。

せめて、オリックス側が顧問企業に支払ったアドバイザリーフィーぐらいは鳩山邦夫氏のポケットマネーで払ってあげないと…。

 

他にも、円高で困っているのに日銀は何故に金融緩和もゼロ金利も行わないのかだとか、東証の平均PBRを見ての日本の株式市場の異常な低いのにそれを正常化させるための手を打てないのかだとか、もっと重要な気になる点はあるのだが、こんなくだらない問題に怒ってみたりしている。

 

【追記】

もし、テレビでどこかの人が言っていたように400億円とかで買収できる企業があった場合には鳩山氏あっぱれと言うしかないが、今さら火中の栗を拾う会社はあるのかな?

こうやってどの企業もやる気をなくす案件にしてしまったとしたら政治家の罪はさぞかし大きいでしょうな~。