GOODDAYS

世の中をかいくぐって逆張りの人生を歩む俺の意見

ホリエモンと産経新聞(上)

ホリエモンこと堀江貴文氏がテレビで、「産経新聞を、昔に産業経済新聞だった頃のように、経済色豊かで、日経新聞に負けないような新聞に変えたい…」というようなことを言っていた。

 

それを見たのは、今朝のモーニングサテライトにおいてであったのだが、それは、どうやら、昨夜のワールドビジネスサテライトホリエモンがしゃべっている場面を録画放送していたものらしかった。

 

まあ、そのようになることはまずないと思うが、仮にホリエモンがそのような考えをお持ちであれば、「ホリエモンはん、もうちょっと考えておくんなまし!」と言いたい。

 

産経新聞は、「サンケイ」というカタカナ言葉の持つおちゃらけたイメージと、軽快なテレビCMの影に隠れながら、読売新聞を数段上回る最保守系のメディアとして固定ファンの心をガッチリとわしづかみにしている新聞である。

 

どちらかと言えば左翼色の強いメディアが多いの中で、行き過ぎなぐらいに保守的なことを述べ続ける数少ないメディアの一つである。

また、朝日新聞にことあるごとにムキになって噛み付いて、こちらを痛快な気持ちにもさせてくれる清涼剤的な存在でもある。

それに、夕刊を廃止したり、正論路線を貫くことによって、着実に部数も伸びているはずで、現状に別段問題はないはずである。

 

また、真の右翼思想は「攘夷」なはずなのだが、自分からアメリカの思惑や政府の思惑に丸め込まれようとする潔さに目をやるまでもなく、どこまでも現実路線なのが産経のアジであり、強みであるともいえる。

 

ホリエモン氏は産経新聞のそのような一面について良くわかって意見を述べられているのだろうか?

 

…とここまで言いながら、私は産経と朝日の購読をやめて、日経だけにした “裏切り者“だが、今でも産経のファンではあることには変わりはない…。

 

gooddays.hatenablog.jp

 

玄宮園