GOODDAYS

社会全般について思ったことをここでつぶやいてます

Kindle Unlimitedと悪戦苦闘

本当は紙の本を買って本屋さんの売り上げに貢献したいのだが、モノが増えるのが嫌で本をこれ以上増やしたくないものだから、本の購入はついついKindleになってしまうことも多い。
Kindleで書籍を購入して読むことも多いが、ちょうど1年前のサービス開始と同時にKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)にも加入しており、こちらで読むことも多い。


Kindle Unlimitedは月額980円の定額のサービスだから読まないと損なのでどうにか読みたい本を探そうとするのだが、Amazon側もあえてそうしているのかしていないのかはわからないのだけれども、読みたい本を探すという点においてものすごくユーザビリティの低いサービスとなっていてユーザーとして日々悪戦苦闘している。


まず、著者別で探そうとするとこれが漢字順では並んでいるのだが、アイウエオ順に並んでおらず、ものすごく使いづらい。
出版社別もアイウエオ順では表示されないが、こちらはまだ目視が効くのでどうにかなるものの本を出版社別で探す人なんてそうそういないだろう。

なのでカテゴリー別で探そうとするのだが、アダルト本非表示にしても、何割かは口説き方か性感帯関連の本が入ってきて、これが全然関係のないジャンルであっても表示されてしまう。
こういったジャンルの世界に身を置く人間というのは悪意の塊のような人ばかりだから仕方ないのだが、まず、これが本当に邪魔である。

マンガとグラビアも多く入ってきて全く興味がないのでこれも外したいのだが、この数も馬鹿にならず邪魔である。
雑誌も表示されるのだが、書籍を探している時に雑誌が出るのも邪魔である。
そして、出版社から発行されるプロが書いた本より、Kindleなどの電子書籍のみで提供される素人が書いた本のほうが断然多く、プロが書いた本にはなかなか出会えない。
素人が書いた本は僕の所感ではクズ本が8割で、案外良い本が2割程度なので打率は相当低い。
それだけノイズがあって、やっとプロが書いた普通の本が表示されるのだが、プロの本とはいえ、市場価値があれば通常のKindleで販売されているわけで、Kindle Unlimitedに登録されている本は基本的には書店では全く売れないけど、ここに置いておけば多少は利益を生むだろうということで置かれた市場価値のない本ということになる。

つまり、これだけノイズが多いと欲しい本に出会うまでには相当な苦労が生じるわけであり、そこに置かれている本も市場価値を失った本ばかりということなのである。
しかし、市場価値というのは書店等の販売者が決める価値に過ぎず、個々の読み手は自分にとって価値ある本さえ探せば良いわけでそういう意味では古本屋の100円コーナーなどと同じかもしれない。
そのようなハードルを乗り越えて自分の読みたい本にやっと出合えるわけだが、掘り出し物も多いし、年数が経っても価値が落ちない分野の本も数多くあるので使い続けているというわけである。

これまで利用した本の数は145冊で、これまでの定額料金が10,780円なので、平均すると1冊74円で購入していることになるのでお得感はあるが、これが玉石混交なのは先に述べた通りでもある。
ちなみにKindleを使ってこれまたちょうど3年になるのだが、こちらでは52冊の本を購入していた。
その分の本棚のスペースを浮かすことができた計算になる。

ところで、Kindle Unlimitedの総合ランキングの上位の作家を見ると高城剛氏や苫米地英人氏の本が上に来ることが多い。
失礼ながら、タダなら読んでみたいけど買ってまで読みたくない作家の代表例だと思うのだが、そういう作家が「Kindle Unlimitedで読んでいいよ」とコンテンツを提供すると相当に読まれるものだなあと感心したりもする。

あと、先日、海外に行った際に日本のKindleサービスをダウンロード可かどうかを調べたが、遠いポーランドででもダウンロードできることがわかったので、仮に海外で生活をすることになってもこれなら生きられるなあと思った。
本がなかったら生きられない僕のような人間にとってはKindleKindle Unlimitedというのは本当にありがたいサービスである。

読む本がいい加減枯渇したら止めるかもしれないが、今のところ続ける予定である。