GOODDAYS

世の中をかいくぐって逆張りの人生を歩む俺の意見

巷のうさん臭い健康法は健康体でも少しは気になる

最近、見出しが気になった健康本の題名。

  • 長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい
  • 1日1分であらゆる疲れがとれる 耳ひっぱり
  • 『鼻の横を押す』と病気が治る
  • 食べても痩せるアーモンドのダイエット力 

 
相変わらず健康法についていろいろな本が出ているが、これらを実行すれば効果が得られるんだろうな~と疑わしく思いつつ、本屋でやり方の部分だけ見て軽めに実行してはいるのだが、そもそも身体に不具合がほとんどないこともあって効果を実感することがない。

 

上記の本とは別に色々と勉強した挙句、アーモンドに関してはずっと前から腹が減ったときにおやつに食べるようにしているけれども少なくとも痩せてはいないし、上記とは別の本を読んで去年の冬から夏前まで白湯を飲み続けたがこれも同様に何の効果を実感していない。

上記と違う本を読んで、ヨーグルトは身体に悪いというものだからヨーグルトも数ヵ月一切食べるのをやめてみても、毎日食べても何の実感するものはない。

ちなみに、今は毎日食べている。

ふくらはぎもみに関しては前より念入りに揉むようになったが、街歩きをして疲れたときに一時的に疲労回復をさせるのには役立っているが、昔から足が疲れたらふくらはぎぐらいはもんでいたので特筆すべきことはない。

 

「わかさ」「爽快」「健康」「夢21」のような毎回毎回これでもかと高年層向けの新手の健康法を掲載する雑誌がいつまでも続くのはこれといった健康法がなかなかないからなのだろうということの証左なのだが、それでも皆が新手の健康法が気になって仕方ないのだから皆懲りないというか、それだけ悩みも千差万別ということなのだろう。

身体に不具合があるわけでもない俺でさえうさん臭い健康法を少しは気にするのだから、本当に悩みがある人はその比ではなくさまざまな健康法が気になるのだろうと思う。

ダイエット法についても同様ですわな…。

 

ところで、個人的に一番困っているのは汗かきなことなのだが、世の中には汗をかかなくて悩んでいる人のほうが多いらしくて、これに関しての対処法を目にすることはあまりない。

 

それと関係ないけど、ワンポイント健康法の本を出ていてもそれを立ち読みで済まさずに購入にいたるまでのハードルは高いように思う。

だって、やり方のページなんて2ページぐらいしか書いていないのだから。

惜しげもなくメソッドを公開している著者には大変申し訳ないと思うのだけれども…。