GOODDAYS

  世の中の歪みをかいくぐってひたすら逆張りの人生を歩む俺の意見

代々木忠・村西とおる・マンマミーア

先日、小用は座ってすると決めたはずだが、半分ぐらいの回数で禁をやぶってしまっている。

やはり座るより立ってのほうが何倍も楽だ。

もちろん座ったほうがいいのはわかっている…でも…。

 

先週の水曜日、会社の同僚とポルノ映画・アダルトビデオの代々木忠監督の自伝的ドキュメンタリー映画、「YOYOCHU SEXと代々木忠の世界」を銀座シネパトスで観た。

AVに出ることで救われる人や心の病気を抱えて出ている人などが出たり、さまざまな展開があったりで、一言では言い表せない深い内容だった。

イベント終了後に代々木監督と村西とおる監督トークショーがあったのだが、それが圧巻のおもしろさだった。

こういう伝説的なイベントに居合わせたのは本当にラッキーだった。

客層も好感度の高い観客ばかりで和気あいあいとしていた。

一緒に観た嫁はドキュメンタリー映画が好きなので俺よりこの映画を楽しみにしていたのだが、この映画に若い女性の観客が多かったのも印象的だった。

 

今日は劇団四季のマンマ・ミーアを観た。

「あなたを元気にするミュージカル」とあるが、本当にそんな気分になれるミュージカルだった。

この方には他の作品でも毎度感心するが、ドナ役の樋口麻美さんはよくあんなにずっと歌っていられるな~と感心した。

そもそも、元気に活力を持って生きる中高年という題材や、ABBAの音楽や、70年代のド派手なファッションなんていうのは、それだけでなんか元気になれるよな~。

トーリーを知らないまま劇場作品から観たのだが、映画版のほうもかなり観たくなった。

 

今年の冬はすこぶる体調が良い。

このところずっと、胃腸の調子を整えるため、ヤクルトカロリーハーフを毎日飲んでいるのだが、それと関連性があるのかわからないものの、乳酸菌には抵抗力も上げるとあるからそうなのかもしれないと思い始めている。

朝にヨーグルトも食べているが、生きた乳酸菌を摂取するためには、やはりシロタ株のほうが有効ではなかろうかということで何となくヤクルトを続けて今日に至る。

体調が良いといいながら目が花粉を察知しはじめているのだが…。

 

俺の故郷は宮崎市だからたまに少し灰が降る程度らしいし、実家が農業をやっているわけでもないが、口蹄疫鳥インフル・インフルエンザ率全国トップ・噴火と災難が続くとさすがに悲しくなる。

特に霧島連山付近の人は大変だろう。

プロ野球キャンプまでやっているからテレビでやたらと宮崎弁を聞く今日この頃でもある。

家では宮崎弁でしゃべっていることの多い俺だけではなくて、長野県人の嫁までたまに宮崎弁を真似て応答したりするから標準語が下手になるのではないかと心配でもある。

 

マンマミーアな感じのサントリーニ島