GOODDAYS

  世の中の歪みをかいくぐってひたすら逆張りの人生を歩む俺の意見

都議選・「D・ロス」さん・ビフォーアフター

11日から19日までバリ島に行くので、都議選の不在者投票をしてきた。

国政の政権交代に弾みをつけて欲しいのと、近所の築地市場の移転に反対なので民主党候補に票を投じた。

豊洲市場の建設が始まっていない今ならまだ移転中止は可能だろう。

 

小泉政権時の郵政選挙では民主、安倍政権時の参院選では自民に入れたので俺が入れたほうは負けやすいともいえるが今回はそうはならないでしょう…。

土壌汚染の問題よりも現市場の老朽化だとかそれに付随した衛生面の問題のほうがよほど問題の度合いは大きいと思うので、土壌汚染云々を反対理由にするのであれば、そんなことにうるさい連中に腹が立つから移転賛成にしてもいいが、界隈の文化を壊してほしくないのでやはり反対だ。

たとえ、あそこを最大限に高度利用して六本木ヒルズと同じようなものができたとしても、今の築地市場があったほうが価値があるのではないかと市場の横で仕事をしている人間として単純に思う。

歌舞伎座に続いて築地市場までもがなくなったらこの界隈の価値ってなんなんだというセンチメンタリズムである。

 

最近、ネット上で、小泉内閣は国民に不人気な政策を数多く断行して人気を維持したのに、麻生内閣は国民受けをするその場しのぎの政策をばらまいているのに不人気だというようなことを書いていた記事を読んだのだが、本当にそうだと思う。

ちなみに、俺が「角海老のソープを今頃摘発するならパチンコもいつでも摘発可能じゃねえか!」とあたりまえのことを思っていたらホリエモン氏はブログ上でそれに自衛隊を加えて論じていた。

戦力を持たないと憲法でうたっておきながら公然と憲法違反をしているんだから誰よりも何よりも国そのものがソープやパチンコ級の詐欺師だっつううの!

アメリカの核の傘に入っていて日本に核が持ち込まれていることなど誰でもわかっているのに密約だのなんだのと今頃騒ぐバカな世間やマスコミにも呆れますけどね。

 

「後継後見人にD・ロスさん」と、マイケル・ジャクソン関連の新聞記事に書いていたのだが、見出しがD・ロスで通じるダイアナ・ロスの大物っぷりってカッコいいよなあ…。

俺はむしろマイケルよりダイアナ・ロスのファンなんだけど、俺もこれからは「D・ロスさん」と呼ぶことにします。

しかし、マイケルの追悼イベントに集まっていた大物の面子の顔ぶれにアメリカの豪奢さを見たが、以下のように述べて欠席したD・ロスさんの行動には重みがありましたね…。

わたしは欠席し、沈黙を守ることにした。
わたしにとってはそれが最適だと思った。

マイケルはわたしの大切な人であり、わたしの世界の貴重な一部であり、わたしを織りなしているものの一部だった。
マイケルは自分の子どもたちのために、わたしに居てほしいと望んだ。
彼らがわたしを必要とするとき、わたしはいつでもそこに居る。

 

話題は変わる。

テレビはほとんど見ないと言っているオイラだが、このところ「劇的ビフォーアフター」は毎回見てしまっている。

しかし、あの番組はもはやリフォームとは呼べず単なる建て替え番組になってしまっているのではないかと90%以上の人が思っていると思う。

わざわざブログにそんなくだらないことを書かなくても良いのだが、そろそろツッコミを入れずにいられなくなったのでここで触れさせてもらいました。

そもそも、片づけや工夫が苦手な人が住民であることが多すぎるので、片づけ・模様替えビフォーアフターにするだけでも結構変わるのでは?と思ったりもするし、リフォームして差し上げるよりそっちの指導をしてくれ~と思ったりもする。

…ていうか、異様な費用の安さとか「そんなに狭小な土地売ってマンションに住め!」というツッコミだとか、この番組にツッコミ入れたらキリがないし、ツッコミを入れるために見ているような番組だからまあいっか…。