GOODDAYS

世の中をかいくぐって逆張りの人生を歩む俺の意見

初詣と大晦日の格闘技所感

今朝は目黒不動尊五百羅漢寺大鳥神社→大円寺と4寺社を初詣した。

 

大円寺1

 

 

 

 

 

  

大円寺2

 

 

 

 

 

 

 

五百羅漢の羅漢像と大円寺の石仏やお地蔵さんに参ったので、とりあえず参った仏さんの数は半端ない。

写真は大円寺の仏さんだが、五百羅漢のほうは「撮影禁止」とは書かれていなかったもののその迫力に押され、写真を撮ることなどとてもできなかった。

 

昨日の格闘技イベントはまあ普通に楽しめたが秋山選手と三崎選手の試合に関しては思ったことがあった。

 

俺は父母が韓国人の秋山選手よりは日本人の三崎選手を応援してたけど、勝った三崎選手が試合後に秋山選手の顔を持って「おまえは去年、たくさんの人と子供たちを裏切った。俺は、絶対に許さない。今日、試合をして、おまえの心が俺にも届いた。だからこれからは、たくさんの人たちと、子供たちに、お詫びと誠意の気持ちを込めて戦って欲しい」と発言したらしい。

オリックスの清原選手はそれに激怒したらしいけど、俺も三崎選手のことが嫌になった。

 

そして、執拗かつ異様なまでに秋山選手を叩こうとする“世論”に嫌気がさしている。

この日も秋山選手に対して痛烈なブーイングがあったが見ていて気分が悪くなってくる。

確かに秋山選手が油を塗って試合をしたのは言語道断だが、秋山選手に対して「ヌルヌル」という言葉に代表されるかたちで向けられている悪意には、単に不正に対する悪意以外の悪意を強く感じる。

仮に秋山選手が帰化したとはいえ旧在日でなかったらここまで叩かれただろうか?

マスコミも秋山選手に対して悪意のある報道をしているが見てていい気分がしない。

もちろん、裏で在日の人が手を引いているのではないかと思うほどに親善ムードを煽ったり「韓流」ブームを演出する報道はもっと嫌である。

 

俺が、PRIDEの会場は盛り上がっているし、PRIDEのカードは良いカードが多いし、地上派放送がないから観たいと毎度思いつつもこれまでPRIDEの会場に足を運ぼうとせずにきたのは、格ヲタ的の粘着質な空気に不快感を覚えそうな気がして、その種の不快感を覚えるのを未然に防ぎたかったからに他ならない。

格闘技について全然わかっていない女性ファンも多いK-1 MAXの会場のほうが、断然タチが良い。

 

俺は格闘技をやっていた者として、たとえそれがどんなにヘボいリングであれ、格闘技が相手の身体を痛めつけるという性質を持つ以上、他のスポーツには決してないであろうそのどうしようもない怖さを知っているから、どんなヘボい試合をした選手であれ選手のことをあまり悪く言いたくないし、あの怖さを知らない非経験者がそういったセリフを発している場に居たくないのだ。

だから、そういう可能性がありそうな場には近寄りたくない。

そして、もちろん誰しも発言する権利はあるということは認めるから、こちらがその場にいないように努めるのである。

選手への悪意にエスニック的な差別が絡んでくるとなおさら気分が悪い。

 

ところで、俺は22ヵ国を旅しているけどいまだに韓国には足を踏み入れていない。

それは韓国という国をどうしても好きになれないからだ。

最近発表された「中国人が最も嫌いな国は韓国」というニュースや、よく言われる「世界で最も嫌われるのは韓国人観光客」というようなニュースを見るとひそかにうれしくなり、最近やたらと東京に韓国人観光客が増えていて「韓国人はどこにいても声が大きくてやだな~」と思っている私ですら、2ちゃんねる的な韓国バッシング発言やそういった空気にはヘドが出そうなほど嫌になるのだ。

 

そうそう、韓国は好きではないけど、日本国内や海外で出会った韓国人には本当に良い人が多かったということは付記しておくこととする。

 

明日からちょっと信州に出かけてきます。

初詣の締めは善光寺になるのかな?

 

【追記】

やはり韓国で今回の件に関するブーイングが起きまくっているそうな…。

そうくるとこう書いてみたところでやっぱ韓国にムカついたりする…。