GOODDAYS

社会全般について思ったことをここでつぶやいてます

今日の雑感

ちょっと思ったこといくつか…。

自給率低下について叫ばれているが、農家は猛烈な米余りと米の価格下落に悩んでいるそうで、行政も消費減と減反が進まないことに悩んでいるらしい。

矛盾してるよね~(だから小沢氏の買い上げ保障のような発想が出るんだろうけど…)。

そもそも自給率の問題というのは、石油がストップしたら全て終わりだし、結局は自由貿易体制においては高い価格で買えるほうが勝ちなのだからどうなんだかとは思う。

だからこそ日本は自由貿易体制を守らなくてはならないのに、いつになっても保護に必至で、アメリカ大統領との短い首脳会談で牛肉市場について言われるぐらいだから笑える。

俺はBSEの問題は気にしないし(確率の問題で…)、偽装は日本国内もすごいので本当にどうでもいいのに…。

でも、自分らが子供のときは一次資源を持つ国より、加工貿易ができる国が強いと習ったものだが、今は昔に戻って、とにかく一次資源を持つ国がやたらと強いんだから別の意味で隔世の感を持ちますなぁ~。

論理的に考えれば「自給率はいくら低くてもいいんだ」という解の答えは「YES」になるんだけど、時代によって状況が変わることはこの資源の件を見るだけで良くわかるから何事も断言するのはやめたほうがいいなと思うようになった。

バイオ燃料の問題とか思いもよらない問題が降って沸くわけだし…。

そうそう、前にも書いたと思うけど、自給率をカロリーベースで書くのはいいかげんにナンセンスだからやめたほうがいいと思う(笑)。

貧困にあえいでいた戦前戦中や戦争直後の発想ですわな…。

金額ベースでの自給率は70%超えているし、カロリーの低い野菜などの自給率はかなり高いわけなんだから…。

それと、人類が肉食を控えたならばいくらでも養えるというのは有名な話で、まあ肉を生産するという行為はそれほどまでに効率が悪いということですな…。

話は変わる。

少し前にイオン社長の岡田元也氏が「大都市と都心と地方との格差は開くばかりだ。大都市と地方都市で消費税率を変えるべき」というようなことを言っていたが、「地方衰退の大きな要因はあんたらじゃん!」と思わずツッコミを入れたくなりました(笑)。

弟の民主党元代表のことも悪く言うつもりはないが、イオンのパワーに地方の商店街はタジタジってのはおそらくイオンのある地域の人はみんなわかってるんでしょ…。

まあ、オイラの地元の宮崎にも日本最大級のイオンがあってカスタマーとしては助かっているように思いますがね…(笑)。

まあ、この辺のことについてはまた改めて書きます。

ここからは話題をコロコロと変える。

茨城の当選宝くじの落とし主が現れたらしいが、20人目だったらしいですね…。

19人の嘘つきさんたちを一人一人確認してみたい(笑)。

建築基準法のからみで住宅着工が減少しているそうだが、建築確認申請って申請しようと試みたことのある当人側としてはあれは本当にやっかいっすよね…。

それでもこれだけ偽装が多いと仕方ない面もあるのかもしれんが、検査機関はともかく役所のヤツの頭の固さと融通の利かなさはどうしようもないから現場は困るんだろうと思う。

協栄ジムの金平会長は昔はあんなに悪人面でフィクサーにしか見えなかったのに、20キロ痩せて、今回の亀田騒動を上手く取り仕切ってからは株を上げたわね…。

でも、岡田斗司夫氏もそうだけど、デブの頃のほうがキャラ立ってたのにな~。

僕は基本的に意味が変わる略称を使うのがとても嫌いなんだが、新聞はそれを使うのが大好きなようで、最近やたらと気になる。

例えば、文部科学省を「文科省」と呼んだり、経済産業省を「経産省」と呼んだりするのはとても嫌だ。

そもそもこの役所のネーミングからして日本語的におかしいのでとても嫌だ。

そして、知的障害者競技を「知的○○」(○○は競技名)と普通に書く新聞のセンスは許せない(笑)。

まあ、知的障害者のオリンピックを「スペシャルオリンピック」というのは略でもなんでもないけど、これまた違和感を持つわな…。

広告を非表示にする