GOODDAYS

  世の中の歪みをかいくぐってひたすら逆張りの人生を歩む俺の意見

プロデューサーズ

今日は映画「プロデューサーズ」を観に行った。

 

近所にあるユナイティッド・シネマとしまえんでは今日が千秋楽だったのだが、観たのはその中でも最終上映だった。

 

内容は大変おもしろく途中で退屈することは全くなかった。

主人公の二人が「春の日のヒトラー」という最低最悪なミュージカルを意図的にプロデュースし、粉飾決算で大儲けをしようとしたのだが、最低なはずのミュージカルは「風刺が効いている」ということで逆に大ヒットしてしまい…(以下略)という映画だったのだが、ウイットがたくさん効いていて思わずニヤリと笑ってしまうシーンの連続だった。

もちろん音楽もダンスも大変に良かった。

 

ところで、映画のミュージカル全般にいえることだのだが、どうしても、どんなにすばらしい内容であっても、生で観ているような感動は得られない。

この映画についてもそうであった。

映画が1,800円なのに対し、ミュージカルはその2~6倍程度の料金なわけだが、感動の度合いも明らかにそれぐらいに差があるのでミュージカルが高いのはしょうがないと再確認してしまった。

ってなわけで、このミュージカルの舞台版も観る機会があれば観てみたいと思った。