GOODDAYS

世の中をかいくぐって逆張りの人生を歩む俺の意見

「あおり殴打」と交通管理

それにしても先日の「あおり殴打」事件の宮崎文夫容疑者カップルへのバッシングはすごかったなあと思う。

この「あおり殴打」という見出しのネーミングはキャッチーだなと笑ってしまったが「ガラケー女」という呼び方はちょっと差別的だと思う。

 

この事件は一歩間違えば東名高速煽り運転をして家族4人を死傷させた石橋和歩被告が起こしたような惨事になりかねなかったので確かに「とんでもないクソ野郎だな」とは思いはしたものの、「京アニ放火事件」などとは比較の対象とはならない小事件の一つとしか思わなかったのだが、世間の怒りがあまりにすごかったので驚いた。

 

社会からあおり運転を撲滅するという意味で相当に社会的意義のある大騒動だったといえし、個人的にはこの事件で実際に下されるであろう量刑に対しての社会的制裁の凄まじさに正直引いてしまっているものの、普段車を運転している人はそれだけ無謀な運転をする車に嫌な思いをしているのだろうと思った。

無謀な運転をする車には俺とて相当腹が立っているが、大自然の中をドライブする時ぐらいしか車に乗らない俺と毎日車に乗る人とでは怒りの度合いも違うと思う。

 

煽り運転と見なせば免許剥奪というような法整備を行うことが求められているのだとは思うが、その判定基準を細かく決めるのはかなり難しいのだろうと思う。

「俺の運転のどこが無謀か言ってみい!」と開き直られた場合に無謀運転であることを数量的な証拠で認定しなければならないと思うからである。

 

ところで、あおり運転を防ぐための交通管理についても当局にはもう少し真面目に考えて欲しいと思った。

例えば、中国の高速道路にはレーンごとに最高速度最低速度走行可能車種が細かく記載されているという情報がネット上に出ていたが、これはかなり秀逸な方法だと思った。

最高時速と最低時速の間の速度で運転している場合には誰も何もいえないし、これを外れれば違反していることになるから煽りようがない。

なお、最高時速が120キロ、最低時速110キロでその差が10キロしかない車線もあれば、最高時速が120キロなのに最低時速が60キロと60キロも差のある車線もあったが、最低時速60キロ可の車線で時速62キロで走るノロノロ車がいても煽りようがないだろう。

 

また、日本における走行車線と追い越し車線のルールはもはや多くの人が守っていないのに運用ルールの見直しをする気配がなく、そもそも追い越し車線を空けるという原則そのものが交通容量を小さくしていると思う。

第二東名などもっと速い最高速度設定を想定して設計された高速道路に対してもなかなか速い速度制限を認可しなかったり、一般道においても主要道路の速度制限があまりに遅すぎたりしている。

他の国で取り入れられているように辺鄙な場所では人がいなかったら常時左折可というルールを取り入れても良いと思うのだが右から来る車を注意して左に曲がる際に横断者を巻き込んでしまう事故が起きるのを恐れすぎて運用に至っていない。

このように、硬直的な運用を推し進めるがあまり交通容量を上げる方策を多分に犠牲にしている面があるように思うのだが、警察当局には車を効率よく捌け、かつ、もめ事が起こりにくくするような交通規制のあり方について検討して欲しいと心から思う。

 

ヨーロッパの国では主要道路の速度制限を速く設定し、細い道ではかなり遅く設定し、制限を少し上回っただけで取り締まるという国が多いようである。

それに対して、日本では必要以上に速度制限を遅く設定しているため、流れに沿って走る車のほとんどが速度超過してしまっていて、逆に速度制限を守るとかなりの確率で煽られることが多い。

それに比べて俺の少ない経験ではハワイやグアムの速度制限通りに走ると実に心地良く自然なドライブを楽しむことができた。

また、高速道路の追い越し車線のルールが有名無実化していることと併せて多くのドライバーが交通法規を破ることが常態化しており、だからこそ警察に取り締まられると無茶苦茶腹が立つのだろうと思う。

そんなことを言いつつ、俺は一度も警察に取り締まられたことのないゴールドドライバーなのだが、それでも日本の警察の交通管理は他国より明らかに劣っていると思うし、ドライバーの憎悪の気持ちを強める効果すら生み出していると思う。

 

ついでに自転車ユーザーとして言うならば、自転車を危険にさらす道路設計がなかなか改まらなかったり、交差点の左折専用レーンの幅員が狭すぎて自転車に脅威を与える設計になっていたり、大交差点で平気な顔をして右折レーンを曲がるような危険な自転車運転の取り締まりが行われていないように見受けるが、ルール改良やテクノロジーを用いてどうにかできんのかねと思う。

俺は新卒後に交通解析の仕事を4年半していたし、地図を見るのが趣味だし、新しい道路ができたらすぐに見に行くぐらいなので、交通についてはあれこれと考えてしまうのである。

 

【2019年8月27日追記】

自民党の交通安全対策特別委員会が8月27日に「あおり運転罪」創設にむけて検討することにしたようです。

 

浜離宮の年パスを持っているのと、DJプレイがあるようなので…

 

浜離宮大江戸文化芸術祭2019に行ってみた

 

普段夜は開いていないので貴重な機会。三百年の松のライトアップすごい!

 

内堀広場ではクラブイベントのようなDJプレイ

 

この時間帯は清水沙也佳さんのDJプレイ。かっこいい!

 

こういう風に都立庭園を使うのは大賛成である