GOODDAYS

世の中をかいくぐって逆張りの人生を歩む俺の意見

甘いもの自制修行

俺は甘いものを食べる欲を我慢するのがトコトン苦手だ。

でも、このたび、この欲を抑えられる人間になることにした。

といいつつ、喫煙者が禁煙に何度も失敗するのと同じで、この修行には過去に何度も失敗しているが、今度こそ成功させたい。

 

俺はタバコを吸ったことがないので禁煙にチャレンジする必要がないし、どんなにあぶく銭があっても普段以上にお金を使おうという気が全く起きない人間であり、そもそも物欲もないのでご褒美に何かを買おうと思うことがなく、10円でも安いスーパーで野菜を買おうとするし、クリスマスだから何を買おうということもなく、仮にクリスマスケーキを買うとしたらクリスマス後の半額のものだけだし、我ながら驚くほどにお金を使わない。

うちのご主人にも「好きな物があれば何でも買ってくれ」と言っているが、俺と同じく何も買わない。

我が家は欲求のレベルでお金を使わないのである。

 

うちのご主人は甘いものが好きではないのに、俺は家に甘いものがあると片っ端から食べてしまうほどに甘いものが好きで、かつ、食べたい欲を抑えるのがとても苦手である。

甘いものを我慢できて物欲を我慢できないよりは余程マシなものの、どうにかして甘いものを自制する力を身につけなければと本気で思うようになってきた。

これまでは、家に菓子を一切置かないようにすることで物理的に甘いものを絶ってきたし、これによって肥満体になるのを防いできたが、これでは本質的に甘いもの欲を制御できていることにはならない。

ハイチュウやボンタンアメや板チョコは入手後20分以内に全部を食べてしまうし、箱に入ったお菓子のお土産をもらえば1日も経たないうちに空箱にしてしまう。

山に遭難してチョコレートを少しずつ食べて生き残る人がいるが、俺だったら30分で完食して飢え死ぬだけである。

もし、一緒に残っている人がチョコを管理してくれたとしても、「わー食べたい。死んでもいいから今食べさせろ」とうるさいだろうなと思う。

缶詰や非常食の備蓄を食べてしまうことはないので、甘い食べ物でなかったら食べてしまうのを我慢することは可能と言いたいところだが、ポテチを食べている途中に止めるのも苦手なので我ながら情けない。

なお、うちのご主人が夜な夜な食べているイカソーメンやチーズなどには俺は目もくれない。

ところで、俺はキックボクサー時代には試合の前に10kg近くの減量をしていたが、その時はご飯を我慢して甘いものばかりを食べて生活していたので、コンディション作りのためには本末転倒だった。

 

このように己の欲を抑制できない人間であることが恥ずかしく思え、むしろ、自分の近くに甘いものがあってもそれを我慢できる鉄の意志を身につけたいと思うようになった。

そして、むしろ逆の発想で行くべき!と思い立って今回は以下に述べるような策を実行に移している。

 

何せ俺が甘いものが好きといったところで、スイーツ女子&男子のように値が張ったこだわりのスイーツを食べたいと思うわけではなく、個人的にはスーパーの値引き品でも山崎のシューロールケーキや串だんごであっても何でも構わないわけである。

生クリームが動物性であろうと植物性であろうが構わず、むしろ乳糖アレルギーとわかってからはアレルギーの害よりはショートニングのほうがよほど身体にやさしく思え、生クリームやバターよりも植物性ホイップやマーガリンを重宝するようになって胃腸の調子が格段に良くなった。

でも、来客時にクレープを焼く時には乳脂肪分4.0%のクリームを用いて提供している。

 

逆の発想ということで考えてやったことは、要は甘いものは砂糖と脂肪の加工品の集まりと考えることにして、原材料を家に常備してできるだけ既製品を買わずに原材料を組み合わせて食べて、自らの甘いものや既製品への欲求を上手く抑制しようというアプローチである。

…で、家に常備しているのは以下のものである。

  • 8枚切りの食パンを冷凍保存
  • 切り餅
  • 500g500円のお徳用ブラックチョコ
  • 自家製甘酒を小分けにして冷凍したもの
  • 30gづつ小分けにラッピングして冷凍したあんこ
  • 冷凍したホイップクリームとカスタードクリームとアイスクリーム
  • マンゴージャムとメープルシロップとハチミツと黒蜜ときなこ
  • ゼリーを作るゼライス求肥を作るための上新粉
  • バナナやリンゴといった果物


これらを常備し、食べ過ぎないように気を使いながら摂取しつつ、既製品をできる限り買わないようにしている。

まだ、チョコをチョコチョコ食いしてしまっているところがあるが、1回あたりの量を微量にしてトータルで欲をコントロールするようにして、今のところは制御できている気がするし、スーパーやコンビニのスイーツを見ての心の乱れや雑念も減っている気がするし、その結果、既製品の購入量は激減している。

この調子でがんばっていきたい。

 

ちなみに、昨年、「甘いものはこれしか食べない」と決め、ブルボンの商品のように美味しいものではなく、主観で適度に美味しすぎないビスケットだけを食べると決めておけば甘いもの全体の消費量を減らせるのではないかと思い立って、しっかりと吟味したうえで宝製菓のグラハムビスケットチョコクリームの15袋セットを発注して家に常備したのだが、思いのほかというべきか、思った通りというべきか、短期間で15袋を食べ終えてしまってこの実験は壮大な失敗に終わった。

また、甘いもの以上にみかん欲を抑えるのは苦手で、基礎代謝が多い頃は箱買いしてひと冬に体重と同じぐらいの量のみかんを食べていたが、みかんを食べ過ぎると大抵は腹を壊すし、いまだに止められる自信がないので、どんなに好きでもみかんだけは最小量単位でしか買わないようにしている。

 

gooddays.hatenablog.jp