GOODDAYS

世の中をかいくぐって逆張りの人生を歩む俺の意見

高原から帰るとトマトとキノコが…

クソ暑い日々が続きますなあ。

こんな炎天下で長袖の服を着た高齢の交通誘導員が道に立っているのを見ると、こういうのは止めさせないとダメだろうと心の底から思う。

そもそも不要にしか思えないような交通誘導を義務づけている政治家や役人側は一度も路上に立ったことがないのだろうなと怒りに近い気持ちを抱くが、肉体労働市場がさらに逼迫して合理化・無人化がなされることを祈るしかない。

まあ、どうせ、都合が悪くなれば外国人労働力で穴埋めをしようとするだけなのだろうけど…。

 

話題は変わり、妻の実家に里帰りしていた時の話。

東京都心に住む身として、俺の実家が宮崎市で、うちのご主人の実家が長野県上田市なのは、大都会と海と山、大都会と南国と里山と、属性がばらけていてバランスが取れていてラッキーだなあと思うのだが、そんなわけで、ありがたいことに長野県内において泊まる場所にも車にも困らないというメリットを享受できている。

とはいえ、盆地は湿度は低めでも昼の気温は東京よりも上がるわけで、上田市内は暑いのだが、高いところに登ってしまえば話へ別。

 

ビーナスラインを走るのがあまりに好きなのと、ニッコウキスゲを見るのも大好きなので、この時期はどうしても吸い寄せられるように来てしまう。

車山に咲き乱れるニッコウキスゲを見ると「また会えたね」という想いで胸がいっぱいになる。

 

ビーナスラインほど好きなドライブ場所はそうそうない

 

ビーナスラインを走破した後は、蓼科高原に降りて、蓼科高原ラクライングリッシュガーデンへ。

下界が35度以上あることは、ここでは無縁の話。

優雅な場所でアフタヌーンティーをいただく。

 

その後、車で標高2,127mの麦草峠を走っていたら夕立が降ってきたが、松原湖に着く前には止んでくれた。

松原湖に車を止めて外の気温を見たらなんと21度。

超気持ちいいとしか言いようがない状況なのに周囲には人っ子一人いない。

ここには釣りを目的としたボート乗り場があるが開いてないし、小さな宿は2件ほど営業しているものの、飲食店は軒並み潰れてしまっているし、夏の3連休ですら人の気配が全くない。

俺は松原湖が好き過ぎて、どうにかしてこの湖畔に住めないものかと行くたびに思うのだが、漁業権だとか、営業権だとか、いろんな権利があるのだろうからそんな希望はとてもかなわんのだろうなと、松原湖の湖畔から離れた場所に別荘地やキャンプ場があるのを見て思う。

 

もし、俺がリゾート王なら、札束の力でこの美しい湖を独占して、ここに閉鎖的な超高級リゾートを作る、もしくは誘致することを計画してみるだろうなと妄想する。

確かに、交通の便は悪いが、八千穂まで中部横断自動車道が延びたし、冬は極寒だが、セレブにワカサギ釣りや湖上でのスケートの体験をしてもらえばいいし、氷上にキャンドルを浮かべてもいいかもしれないし、ここには温泉も湧けば、驚くような山岳の絶景もあり、近くに天文台もあるぐらいに星空も美しく、ゴルフもスキーもあるわけで、売り方次第で相当な可能性があるように思うのである。

もちろん、現在は廃れきっているわけで、南にある清里も廃れているからそんな発想は戯言でしかないのかもしれないのだが、売り方のセグメントを超アッパーにしてうまくブランディングをし、インスタ映えするような風景を世界にアピールすればおもしろいのではなかろうかと無責任に妄想する。

また、軽井沢方面・蓼科方面・八ヶ岳方面へのアクセスも悪くないので、ルートを線で結ぶことも可能である。

 

まあ、そうなったら年に一度は訪れて湖を一周する俺にとって迷惑だからそういうふうにならなくて結構なのだけど…。

 

嗚呼、俺の愛する松原湖

 

さて、金曜日に東京を出て、月曜日の夜に帰ってきた時に驚いたのはミニトマトが一気に熟れていたことである。

毎日ちびちびもいで食べていたのにこの4日の間に一気に色づいた。

 

壁面で水栽培中のミニトマト

 

ここまで熟れてしまえば収穫しないわけにはいかない…

 

そして、最も驚いたのは、ウンベラータの足元に何の前触れもなく巨大なキノコが3つも生えていたことである。

俺が気持ち悪がって騒いでいたら、うちのご主人は「かわいいキノコだね~」と言って素手で引っこ抜いてゴミ箱にポイっと捨てた。

それにしても、これだけ暑いと通常では考えられないような自然の力を思い知らされる。

 

1本でも驚きなのに3本も…

 

gooddays.hatenablog.jp