GOODDAYS

  世の中の歪みをかいくぐってひたすら逆張りの人生を歩む俺の意見

死刑批判は人でなしの言うこと

高校3年2学期末試験でビリから4位だったが、高校時代に900冊の本を読んでいたので現代文はできて、地理と世界史も大好きだったので頭に入っていたのだが、他はからっきしダメで、受験前の3ヵ月だけ一生懸命に勉強してなんとか14学部も受験して3学部だけ合格した。

14学部も受けたとはいえ、配点を見たり、赤本で過去問を徹底研究したりして、もしかしたら受かるかもしれないと思った大学を厳選して受けたのだが、受かった学部は国際関係学部と経営学部と法学部とバラバラだった。

 

gooddays.hatenablog.jp

 

法律には興味がなかったとはいえ、法律ではなく、政治や国際関係や社会学の科目を履修しまくっても大丈夫なことがわかったので法学部を選んだのだが、実は、大学か渋谷にあることがその大学を選んだ最大の理由だった。

もちろん、ほとんどの人間は法律科目を履修するが、俺は必修科目以外は政治や国際関係や社会学の単位ばかりを履修した。

ということで、法学部は出たけど法律を勉強したという実感はない。

 

必修の刑法の授業の際に「この先生は死刑反対という立場で書けば間違いなく単位が取れる」という先生がいて、俺は単位が欲しいがために俺はテストでは自分の意に反しても死刑に反対する旨の意見を書いた。

ディベートでは対立する2つの意見のどちらの立場に立っても相手と議論することが求められるが、違う意見を述べると好き・嫌いだとか従った・従っていないという風に感情的にとりがち・とられがちな日本ではもっとディベートを教育や企業研修に取り入れるべきだと思う。

そういった意味で、嫌悪感を抱く死刑に反対という立場に立って理論武装をするという経験は個人的に良い経験となった。

個人的には今も昔も何があろうか理屈がどうだろうが死刑に大賛成なので、その時の理屈を思い返そうとは思わないが、反対派の立場に立って勉強しながら、理屈だけならば絶対に死刑反対のほうに圧倒的な分があるなあとショックを受けた記憶は忘れられない。

ただし、死刑による再犯防止力は100%であるというシンプルな事実だけは否定し得ないと思う。

 

平和な毎日を享受できるのは国家や法のおかげと感謝をしつつも、国家権力や法の圧倒的な強制性に過度の恐れを抱き、警察や税務署といった公権力執行機関を嫌っているのだが、権力行使の際たるものである刑法の甘さに対しては強い不満を持っており、ここには見事なまでの自己矛盾がある。

 

万人が納得する刑法などそうそうあるはずがないが、裁判員制度裁判員に選ばれようものなら俺は可能な限り最も重い刑を無条件で支持するし、もし、俺=法律ならば間違いなくハンムラビ法典的なものを定める。

人権が云々というが、目には目をこそが真の平等だと思うからだ。

法学部出身の人間が言うこととしては甚だ不穏当だが、法体系の考え方や理屈をいくら学んでも感情は変わらないし変えられない。

 

gooddays.hatenablog.jp

 

それどころか、俺=法律ならば過失致死の交通事故ですら、目には目をにする。

名が割れているという意味ではまことに同情するが、金持ちと結婚した元女子アナが人を轢き殺し、その後の彼女の華麗な人生を野次馬心情で見聞きすると、俺に全く関係ないし、こういうことを書いては俺の品位は下がる一方なのはわかっているが、正直心穏やかではいられず、被害者とご家族の無念を思うと、彼女の名前を目にするだけで一気に血圧が上がってしまう。

ちなみに、先日、自動運転と自賠責保険について書いたが、轢かれてもカネで解決というのは現在の法律には適合させられても、俺=法律の世界では到底許さないと思う。

 

gooddays.hatenablog.jp

 

地下鉄サリン事件が起きたのが1995年の3月で、大学に入学する直前のことだったのだが、夢にまで見た東京での大学生活を送れることがうれしいがために浮かれていたし、上京直前で地元の友人と遊びまくっていたため、この事件について真面目に考えておらず、また、当時はオウム真理教上祐史浩氏らが連日テレビに出ていたような状況だったので、麻原彰晃の歌をおもしろがったり、この不思議なカルト教団をおもしろがったりしていた。

麻原彰晃の顔はスケッチのしがいがあるなあと呑気にスケッチをして自画自賛したり、麻原彰晃の歌を口ずさんで一人でウケていた。

その頃に描いたスケッチが下のスケッチである。

 

 

また、大学のすぐ近くにオウム真理教の南青山総本部があり、毎日、警察やマスコミが貼りついているのを見て、訛りまくりのこの田舎者は「東京てげスゲー」と能天気なことを思っていた。

そして、このおぞましい事件の全貌が明らかになるにつれ、自分はなんて能天気なことを考えていたんだと深い自己嫌悪を抱いた。

 

やがて東京の東側に引っ越して、築地駅周辺はほぼ毎日行く場所になった。

地下鉄サリン事件で13名の死者と6,300人ほどの負傷者が出たが、築地駅からは搬送された3名の命が失われた。

他に坂本弁護士一家殺人事件や松本サリン事件といった事件もあり、13名の死刑判決が出て、うち7名の死刑が執行されたが、ここまであまりにも長い時間とコストがかかったものだというのが多くの被害者の感情だろうと想像する。

死刑を執行したことをEUから批判されているが、そんな人でなしなEUの意見は徹底的に無視すれば良いと思う。

 

富士樹海の入口にて