GOODDAYS

世の中をかいくぐって逆張りの人生を歩む俺の意見

俺自身の弱みについて

前回、自分の強みについて述べたが、今回は弱みについて述べる。

 

gooddays.hatenablog.jp

 

満員電車と行列に並ぶことが病的に嫌いであるとことあるごとに述べているが、それ以外の弱みを述べる。

 

俺は甘い食べ物が手の届くところにあれば我慢できずに食べ尽くしてしまう。

甘いものでなければ作り置きしておくことも可能だが、甘い食べ物を家に保管しておくことはできない。

これは完全に病気だと思っている。

子供の自制心を測るマシュマロ実験をしたら完全にOUTと言いたいところだが、同じ甘いものでもマシュマロはそんなに好きではない。

また、砂糖とかハチミツとか飴とか果物ならばなんとか家に置いておける。

しかし、それ以外の甘い食べ物を家に保管しておくことはできない。

 

こんな俺がデブにならずに済んでいるのは単に家に甘い食べ物を置かないようにしているからであり、割高になってもすぐに食べて良い分しか買わないようにしているからである。

甘いもの我慢偏差値は27ぐらいだと思う。

世の中に麻薬中毒の人がたくさんいるが、もし、甘いものが麻薬だったら俺は再犯者になるかもしれない。

人の家にお菓子の買い置きがあったり、机にお菓子を入れている人を見ると心の底からその自制心に対してうらやましく思う。

 

甘いものを我慢するのが苦手なだけでなく、食欲全般の抑制も苦手で、衝動食いもするが、これが食べ物ではなく、お金となると極めて計画的にしか使わないし、衝動買いしようとする気にも全くならず、それでストレスは溜まらない。

この長所に関しては非常に助かっている。

 

世の中の人は実に上手にスマホを使う。

しかし、俺はどんなに世の中が進化してもマウスを使ってしまう。

タッチパネルで誤操作をしてしまうことが怖くてどうしてもスマホ主体の生活にできないのである。

しかも、手先は器用なほうだと思うのだが、指が大きいためか、指先の感度が悪いのか、タッチパネルの操作を今一つ正確に行えない。

また、世の中の人はいろんなアプリを実に器用に使いこなすが、俺には知識もないし、何より使う用途がないし、意欲も湧かないので使いこなせないままである。

電話・メール・Gmail・LINE・Chrome・マップ・カメラ・フォト・Kindleアプリ・メモ帳・時計・カレンダー・電卓だけで俺がスマホに求める用途は全て事足りてしまう。

世の中の人々に対しての遅れ意識というか化石人間になりたくない意識は結構強いのだが、スマホ偏差値も32ぐらいだと思うので焦りはある。

なお、Kindle本体に関してはスマホよりもヘビーユーズしている。

 

俺はたとえ座れたとしても満員電車に乗ると気が狂いそうになるので、上京以来、満員電車に乗ることにならない方向にある街に住んでいるのだが、仮に、電車内でイヤホンをしてスマホで映画を観て趣味の時間を楽しむように電車内の時間を楽しめるような人がいたとしたら、その人は家賃の安い郊外に住むことができるわけであり、人生のコストを相当抑えることができるので、こういう人はある意味において勝者といえるだろうが、立ちっぱなしで車内を過ごすこともあるだろうから立ちっぱなしでも苦にならない脚力というものも求められるであろう。

そして、郊外ならば広い家に住め、緑も多く、車も持てて、ドライブやキャンプにも行きやすく、子育てなどもしやすく、生活において都会と郊外の両方のいいところを堪能できるという意味でも勝者である。

しかし、何故に自分の至近距離に数多くの他人がいて精神的に普通の状態でいられるのか俺にはどうしてもわからない。 

 

病的に行列が苦手な身として、行列が得意な人は人生に勝ったも同然だなと思うことがある。

女子トイレの行列を見ると、あの行列に並ばなくて良い、かつ、気軽に小便できるという利点だけで、他で多くの損をしているのにも関わらず、男に生まれて良かったと思うことがあるのだが、あの行列が気にならなければそれを無効化できるわけである。

俺が女だったら並ぶのが嫌すぎて我慢して漏らすこともあったろうにと思うから危ないところだったと思う。

まあ、水がぶ飲み野郎の俺はトイレが近いが、それに対して、うちのご主人は俺が5回トイレに行く間に1度も行かないぐらいで、一緒に出かけても家を出て帰るまで大抵はトイレに行かない体質だから、それなら女でもええわなと思う。

 

また、行列ができる店というのは確実にコスパが高く美味しい店であるということでもあり、行列に並ぶのが苦ではない人はそういうベネフィットを確実に得られる。

行列に何があっても並べない俺はそういう店には一生入れないままであり、大損をしているのである。

 

なお、俺はバス停の列に3分並ぶぐらいなら3km歩いたほうがマシと思うほどにバス停で待つのが嫌いだが、裏を返せば3km歩くのは苦ではないということでもある。

もしかしたらこれは俺の強みなのかもしれない。

また、列に並ぶという行為が嫌なだけで道端に3分立つのはそんなに苦ではない。 

 

ここまで述べると都会生活に向いてないように思われるかもしれないが、地方での生活も向いているとも言い難い。

特に虫が苦手というわけではないが、家に虫が入るのはとても嫌だし、行列やと満員電車が嫌いなのと同レベルに渋滞が嫌いだからだ。

また、ドライブのように景色を見るのが目的ならばともかく、運転という行為は徒歩や自転車と違って何の運動にもならず、電車移動と違ってながらでできることも少ないので、運転は人生の無駄だと思っている。

また、車は運動不足をこの上なく誘発し、ものすごくカネを食うツールでもあり、人を殺してしまうかもしれないリスクを負わせる悪魔のようなツールでもある。

 

それにしても我ながら面倒くさい人間なものである。

 

スイーツは我慢できない…