GOODDAYS

  世の中の歪みをかいくぐってひたすら逆張りの人生を歩む俺の意見

アイドルになる理由とアイドルを好きになる理由の接点

常に主観で書くのが本ブログの特徴だが、今日は本当に100%主観であり、また、違う意見があることも認めるので、違う意見の方は読まないか、腹を立てないでいただきたく思う。

 

商売でやっていることであり、商売が成り立っているわけだから別にいいといえばいいのだが、やはりアイドルという文化はおかしな文化だと俺は思う。

なお、アイドル批判やオタク批判については随分昔に3度も書いている。

 

gooddays.hatenablog.jpgooddays.hatenablog.jp

gooddays.hatenablog.jp

 

山口達也氏の事件で松本人志氏が「高校生になんで電話聞くのか。連絡先を聞いた時は少なくとも酔ってなかったんだから」「やっぱりおかしい。50手前のおっさんが気の合う高校生おるけ?」と言っていたらしいが、これはもっともだと思う。

 

女子高校生と話が合うおっさんがいたらある意味危険である。

ティーン誌を読んでみればわかるし、女子高生カルチャーを見ていればわかるが、女子高生のほとんどは中年から見たらあまりにもあまりにも浅い。

「韓国っぽ」とか何なの?と違和感すら抱く。

女子高生の見た目のかわいらしさについては大いに認めるが、余程の読書家だったり、IQが高いという要素でもない限りは、間違っても話を合わせる気になどならないし、人生の先輩として相談に乗るというような事情でもない限り、自分の程度に対するプライドがあればこそ、こちらから真面目にアクセスする気にならないと思うのが普通だと思う。

 

女子高生ですらそうなのに、アイドルについて言えば、俺はそれに輪をかけてその存在に違和感を持つ。

先日、「アイドルという、おそらくは当人が最も嫌悪するであろう層から過激なまでに性的な目で見られる存在になりたがる」と述べたのだが、俺にはアイドルになる理由もアイドルを好きになる理由も全くわからない。

 

gooddays.hatenablog.jp

 

あまりにわからないので、俺なりに以下に理由を整理してみた。

 

アイドルになる理由

 

  • 有名になりたい。
  • 世の中の人に自分の生き様を知って欲しい。
  • 自慢の顔や身体や歌を鑑賞されたい。
  • アイドル経験をきっかけに女優などに成りあがる。

 

アイドルを好きになる理由

 

  • 見たり、歌を聴いて楽しむ。
  • 妄想してオカズにする。
  • 生き様に惹かれ惚れる。
  • ロリコン願望を満たす。

 

アイドルは恋愛禁止という人権侵害で理解不能かつ幼児性の象徴のような契約をさせられ、どこかの大金持ちの社長ででもない限り、ファンが絶対にアイドルと結ばれることはなく、この両者に直接的な接点はない。

生き様といっても、若い女性の生き様にいい年したおっさんが共感するのはどうかしているというのは先に述べた通りである。

アイドルになる理由とアイドルを好きになる理由の接点を見いだすと、その結果は以下の通りとなる。

 

アイドルは、有名になって、有名税を払って、オカズになって、秋元康氏を儲けさせて、メンバー数で頭割りしたギャラをもらい、あわよくば成りあがる。

ファンはアイドルをオカズにするが、カネを使い、異性からモテなくなる。

グラビアアイドルは、有名になって、有名税を払って、オカズになる。

地下アイドルは消耗して何も残らず、オカズにされるだけということになる。

 

人生はやりたいことをすればいいし、何を好きになろうが自由なので何も言わんが俺はどうしても共感できない。

 

また、個人的に最も理解できないのは、何故にアイドルがグループを組まなくてはならないのか、組むとより儲かるのかということだが、まず、歌が下手なアイドルが何人集まって歌っても上手い歌にはならないわけで、特に女性アイドルが黄色い歌っている曲を聴くのは正直辛い。

グループの意義はAV女優でいえば単体でなく企画といった位置づけに近いのだとは思うが、仮にグループで儲かったとしても、5名ぐらいまでならともかく、それ以上になると分け前が減る一方だろうから利益観点で見て大いに不利であろう。

そして、アイドルも日本人でなければそういったことはないが、言語の母音と子音の少なさ発声法や生活習慣といった宿命に近い要素のせいファン異常な期待値の低さのせいなので仕方ないのだが、日本人歌手の平均歌唱レベルは歌手・アイドル問わず、俺の知る限りでは世界最低クラスである。

アジアの場末のバーの歌手の超絶的な歌の上手さには何度も心を揺さぶられてきたが、そのあまりにもの差と、フィリピンあたりの出身に見える歌手の歌唱力に対してのあまりの報われなさに心から泣けてくる。

 

したがって、歌に関してはグループを組むメリットはないのだが、もしかすると、グループ内の人間関係だとか役割だとかシナジーという部分に対してファンは注目しているということなのだろうか。

ところで、俺はカフェに行くのが全く好きではないのでカフェには行かないのだが、その大きな理由に女子トークビジネスマンの営業トークを聞かされたくないというのがある。

俺は若い女子メンバー間のトークなど、カネをもらっても聞きたくないし、その内輪の女子女子した人間関係になどあまりにも興味が持てない。

そもそもグループというのはプロデューサーが恣意的に作ったものに過ぎないわけだし、団体の対抗だとか若い女性の生き様だとかトークだとか人間関係を気にするおっさんが多いとしたらどうかしているとしか思えない。

同じような理由で俺はスポーツですらチーム単位では本気では応援できないのだが、アイドルであれば何をかいわんやである。

 

そして、ここで核心に迫る。

商業上の理由で、アイドルになることやアイドルを好きになることが全く批判されないどころか奨励されがちな世の中であり、いい大人がアイドルのファンを名乗ることが恥ずかしいことと見なされない世の中である。

未成年と不用意に接点を持つことを極めて強く禁じる世の中にあって、この矛盾には、アイドル商売が単なるオカズ屋さん商売であるにせよ、どうしても違和感を覚えてしまうのだ。

 

ところで、最近はカネを使うファン層の高齢化が進むにつれて、男性アイドルの高年齢化が止まらないが、アイドルを40代後半までやるのも、執着するのも、やらせるのも、ファンがついて商売が成り立つのもすごいなと思う。

当人はアイドルでいなくなった自分がどうしていいかわからないからアイドルであることにしがみつくのかもしれないが、結婚をしたいタイミングに自由に結婚できないような人生や、いつまでも徹底的に虚像として品行方正であり続けることが求め続けられる人生は不自由極まりないように思う。

 

それにしても、「アイドルを目指す」という娘を持つ親はどうにかして止めさせんと、どう転ぼうが残るのは虚しさだけだろうと俺は思う。

最後に余談。

最近、岡田奈々さんというアイドルをどこかで見た時に目を疑ったが、スクールウォーズなどに出ていたあの神々しいまでの美貌を誇ったあの岡田奈々さんと同じ名前を名乗るとは本名なのだろうが、これまたたまげたと思ったわね。

 

アジアの場末の歌手がどの日本人歌手よりも上手いのは悲しいが冷酷な現実