GOODDAYS

世の中をかいくぐって逆張りの人生を歩む俺の意見

「ザ・ボイス そこまで言うか!」3月末終了がショック

外を歩くときは大抵PodcastBluetoothイヤホンで聴いている。

 

以下、余談。

どーでもいい僕の貧弱なスマホ事情を書く。

僕が持っているスマホはタダ同然で手に入れたため、容量が3.5GBしかなく、それでいてアプリを外部ストレージに入れられないという低スペックのスマホ「DIGNO f」で、高価なiPhoneを持っていないので、愛用のiPod nanoPodcastで前日放送のものを聴いている。

なお、パートナーはiPhoneを使用している。

また、月のスマホ代を3,500円以下に抑えるため、わずか1GBプランでの契約なのだが、親にみまもりケータイを持たせ、パートナーもソフトバンクである以上、格安スマホにすることはできず、スマホradikoを聴くわけにはいかないので、番組数が少ないとわかっているのだがPodcastを利用している。

なお、radikoはCMが入るが、Podcastはほとんど入らないのもありがたい。

また、1.25倍再生で聴けるため、読む速さほどではないもののそれなりの速さで聴けるので助かる。

 

本題に戻る。

毎日ものすごく楽しみにしていた番組の「ザ・ボイス そこまで言うか!」が3月末に終了することが決まったのだが、それがあまりにショックで思わずここに書いた。

いや、発表から2日間は書かずに耐えたが、やっぱり耐えられずに書いた。

 

僕にとって極端に耳障りの良い情報しか流れてこない、保守&リフレ派のみでガッチリ固めた偏向といえば偏向した番組なのだが、外を歩きながら腹を立てたいはずがない。

教養とさわやかさ溢れるアンカーの飯田浩司氏と保守&リフレ派の論客の掛け合いを聞くのがとても心地良く、どんなに寒くてもバリ島のスパでシロダーラをやっているかのように心地よい面持ちで散歩していたのだが、この時間が無くなったら、俺は4月以降どうやって外を歩けば良いというのだろう。

 

ニッポン放送さん!類似番組のPodcastでの放送をマジでマジで望みます!

 

しかし、毎日毎日ザ・ボイス論客の意見ばかりを聞いていたら完全にそちらに染まりそうになるので、ネット上で真逆の考えの方の文章にもできるだけ目を通して自分の中では偏らないように努めているつもりである。

先日、リフレ政策の効果と不安について長々と書いたが、この番組の論客が述べている理論を否定する文章を探して検証する作業の繰り返しだった気がする。

そして、つい先日、ザ・ボイスの論客でもある高橋洋一氏が国会公聴会で述べたという内容がダイヤモンドオンラインに載っていて、これまでのまとめ的な内容だった。

ついでだが、僕がPodcastで聴いているのは以下の番組である。

まず、レギュラーで聴いているのは以下の番組である。

 

 

そして、過去のものを最初から聴き直していっているのは以下の番組である。

飛行機やバスでの移動ではこれらをずーっと聴き続けていることが多い。
QT PROモーニングビジネススクールは通算するとすさまじいボリュームだが、ちょっとした細切れの時間に聴くのに重宝している。

 

 

名古屋のやすやす氏という方がとりまとめておられる旅旅プロジェクトの番組はたくさんあるので、暇ができれば聴くようにしているのだが、一気に49回全部を聴いてしまったものの「ウィーリーのバックパッカーラジオ」には相当ハマった。

 

ザ・ボイスの代わりの番組ができなかったら、これらを聴きまくるしかない。

 

【追記】

2018年3月6日追記。

4月2日から新番組「飯田浩司のOK! Cozy up!」が毎週月曜~金曜の午前6時~8時の時間帯で放送されることが発表されましたね!

うれしいっす!

コメンテーターは、有本香氏、飯田泰之氏、鈴木哲夫氏、須田慎一郎氏、高橋洋一氏、長谷川幸洋氏、宮家邦彦氏のようで、宮崎哲弥氏以外は留任&強化って感じで安心しました!

前番組の「高嶋秀武のあさラジ」ではPodcastでの配信はなかったけど、あとはPodcast配信を祈るのみです!

 

2018年4月2日追記。

メンバーをよく見ると、鈴木哲夫氏はザ・ボイスの論者と比べると異色というか考えが違い過ぎている気がしますが、「高嶋秀武のあさラジ」の後継番組ということと、飯田氏がより多様な意見を捌くということなのかなと思いました。

週刊朝日サンデー毎日の論者が左寄りオンリーなのに対して、フジサンケイグループの扶桑社が出す週刊SPA!が反安倍政権に血道を上げる菅野完氏の連載を巻頭に置いてバランスをとっているように、多様な意見を反映するのは悪いこととは思いませんし、僕は「高嶋秀武のあさラジ」を聴いたことがなかったので、まだどんな感じになるか想像がつきませんが、飯田氏がどう捌いていくかは見ものです。

なお、上には書いてませんでしたが、宮崎哲弥氏は朝が弱いのと興味の対象がより仏教のほうにいっているようで降板するようですね。

 

 

ザ・ボイスは散歩の友なのに…