GOODDAYS

  世の中の歪みをかいくぐってひたすら逆張りの人生を歩む俺の意見

最近、思わず連続で書き過ぎちゃってましたね…

1月23日に「無知の強弁の不快さ」という内容で激しめなことを書いたが、本人と会う機会があり、思っていることを全てぶつけた。

相手は気の置けない仲、かつ、とてつもなくマイペースで気の長い男なので大人の態度で聞き入れてくれた。

ここに書くぐらいだったら、本人に会った時に裏表無しにきちんと言うようでなくては自分の人間性を疑うと思ったからというのもある。

 

俺も昨日のような内容で書く時にはとんちんかんなことを書いてしまっていないか気を配るのだが、人にモノ申すからには、その他のことでも文責を持って書かねばとは思う。

まあ、完全な文責を持たずに思ったことを書けるのがアマチュアの気楽なところなんだけど。

 

ついでに、俺がインプットというか、その時に疑問に思ったことを知ることを趣味としていて、日々、こういった感じでインプットをしてしまっていると言ったら「佐藤優か!」というツッコミが入った。

 

佐藤優氏を例に挙げられると佐藤氏に失礼だが、例えてもらえただけで光栄である。

個人的には自己満足オンリー・アマチュア・無名でありつつ、池上彰氏のように色々なことを俯瞰して理解できたら楽しいだろうなと思ったりするが、元々の頭の良さ・興味の対象の多さ・根気・情熱ともに別格の池上さんには全く近づけないだろうと思う。

 

インプットばかりだと疲れるから、気晴らしにブログにアウトプットをしているのだが、12月・1月とちょっと気晴らしが過ぎた気がする。

 

書こうと思えばいくらでも書き続けられるが、ブログ書きが逃げの場になってしまうのは良くないと思うので、2月には長期間の外出もあるのですが、できる限り、毎日更新をしないようにしていきたいと思う。

 

今後、ブログを書いてない日は気晴らしのためにブログ書きに逃げずに済んだ日で、ブログを書いた日にはブログ書きに逃げちゃった日だと思ってください。