GOODDAYS

社会全般について思ったことをここでつぶやいてます

本質を突けていない残念な政策

どんな政策にも哲学というものがあると思うが、ふるさと納税という政策に関してはここに理由を書かずともこんな愚策ないだろうと思うぐらいに本末転倒な策だと思うし、そう思う人は多いと思うのだが何故にこんな政策が行われているのだろう。

僕も恩恵にはあずかったが、本来ならば世話になっている中央区に払うべき税金を郷里の宮崎市に払い、代わりに受け取った宮崎牛は美味しくも負い目もあった。

僕は郷里に納税しただけまだマシだったと思う。

住んでいる自治体へ払う税金を返礼品目的で全く縁もゆかりもない自治体への納税に振り替えることを可とするなどと納税行為の根底理念を覆すような政策をよくもまあ思いついて実行に移したものだと逆の意味で感心する。

もちろん、住んでいる自治体に払うと何ももらえず、住んでいない自治体に払うと美味いものにありつけるのであれば人間は得するほうに動くのが常だから納税者には非はなく、非があるのは制度の実施者である。

この政策は麻生政権の定額給付金よりも酷いかもしれない。

年末、パートナーにもふるさと納税をしないかと誘ったが、パートナーは僕以上にこの愚策が許せないようで応じなかった。

プレミアムフライデーも本末転倒の代表といえる愚策だ。

まず、大抵の企業では月末は忙しい。

次回のプレミアムフライデーは年度末日だというからブラックジョークだ。

本当に必要なのは総労働時間の抑制と有休の消化の促進による休日の分散なのに、この政策は真の目標に対して何の成果ももたらさない。

金曜日に早く帰っても他の日に残業すれば同じで、論じるべきは総労働時間以外にはあり得ないはずである。

ただでさえ飲食店が最も混む金曜日に消費を促す意味もわからない。

真面目に考えていくと、無意味に多い国民の休日をむしろ減らし、企業に有休を完全消化させる、もしくは有休の買い取りを義務づけて休日を分散させることのほうが、国民の人生を充実あるものとし、サービス業にお金を落とすことにもつながると思う。

特に一年で最も良い季節に混雑を作って逆にどこにも行けなくしてしまうゴールデンウィークは国民を不幸にする愚策なので即刻廃止して欲しい。

国民が平日に有休をきちんと使って幸せな休日を過ごすことこそ生活の質を上げることにつながるのである。

日本以外の先進国では豊かな人生を歩むための過ごし方としてこういった休日の使い方がなされているのである。

昨今議論が激しい過労死対策等の問題で総労働時間規制だとかごちゃごちゃ言っているが、残業代の徹底支払いを命じ、サービス残業行使者に対する禁固刑等の罰則強化とインターバル規制の徹底こそがこれらに絶大な効果をもたらすことは明らかである。

徹夜をした者が9時から働くから過労になるのである。

仮に11時間のインターバル規制を義務づければ、22時に帰らないと翌日の9時に出社をすることは許されず、0時まで残ってしまうと11時まで出社できなくなるのだからこれで過労死は防げるようになるし、9時出社の会社では事実上22時以降の残業を止めさせることができるようになる。

サービス残業に関しては録音や文書の証拠を集めて労働基準監督署に提出できる窓口でも作って逐一対処すればそのようなブラック企業と上司は淘汰されるであろう。

政権の選択肢が事実上ないから平気でその場しのぎのような愚策が実行されるのか、官僚的な発想からなのか、どこかの代理店が考えるキャンペーン的なノリの策なのか、木を見て森を見ない日本人の民族性のなせる業なのかわからないがどうにかならないかと思う。

もちろん、労総生産性の向上だとか、同一労働同一賃金だとか、時差通勤の推奨だとか、働き方改革の基本の方向性は正しいのだから本質に迫る政策を施して欲しいものである。