GOODDAYS

  世の中の歪みをかいくぐってひたすら逆張りの人生を歩む俺の意見

K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!! [2005/12/31]  

ザッピングしてたし、録画しているのはPRIDEのほうだけなので、勘違いして間違ったことを書いているかもしれませんのであらかじめ断っておきます…。

総合に関してはPRIDEのように純粋な意味での競技性や完成度が高くなく、また異種格闘技戦色が強いので試合内容は波乱万丈でおもしろかったのだろうが、PRIDEのカードが豪華すぎるので見逃しが多かった。

録画しているのがPRIDEなのにPRIDEのほうを主に見ていた気がする…。


各試合ごとの感想

山本“KID”徳郁 VS ●須藤元気 (1RKO)

勝負って非情なものですわね…。

山本“KID”徳郁選手のほうが有利だろうとささやかれることが多いなか、須藤さんが寝技で一本を取ってくれることを期待して見ていたのだが、ちょっと早すぎる感のあるレフェリーストップで試合が終了した。

あのままパウンドが続いていたらそれはそれで…という気もするからしょうがない気もする。

とはいえ、背負ったものの大きな二人の勝負が決まる瞬間というのにはいつも何とも言えない気持ちになるが、それが須藤さんだったらなおさらであった…(まあ、小者の私が同情すること自体バカバカしいことではあるのだが…)。

しっかし、須藤さんのほうが全然キレイな顔をしていたのになあ…。

 

所英男 VS △ホイス・グレイシー(時間切れドロー)

所選手はよくも20キロも体重差のあるホイス選手相手にあそこまで善戦したものだと思う。

あの思いっきりの良さはすごかったし、あれだけ流血させたのはある意味で印象が良かったと思う。


ボビー・オロゴン VS ●曙 (判定3-0)

裏の吉田選手VS 小川選手の試合ばかりを見ていたが、「こっちを見るヤツはバカだな…」と思いながらも時たまこの茶番劇を見ていた気がする。

 

魔裟斗 VS ●大東旭 (2RKO)

魔裟斗選手にとっては楽なことこの上ない試合であったであろう。

攻略法は前回にアルバート・クラウス選手が教えてくれていたわけで、困ったらローキックを蹴ればまずは間違いのない試合だったわけで、その中でどれだけパンチを打ち合えば良いかだけが試される試合だったからである。

 

○武蔵 VS ●ボブ・サップ (判定3-0)

裏番組のハント選手VSミルコ選手の試合を見ながら見ていたが、「あの後頭部への攻撃はちょっと酷かったな~」と思いつつも武蔵選手ってああいう展開が多くてかわいそうというか運が悪い…。

3Rの武蔵選手の攻撃は怒涛の攻撃だったが、「ボブ・サップのダウンは本当にダウンかいな?」と意地悪な見方ができなかったわけでもない。

判定は反則による減点を考慮しても点差がつき過ぎな気がしなくもないが、武蔵選手の勝利は妥当なところであろうからまあいいか…。

 

永田克彦 VS ●レミギウス・モリカビュチス (判定3-0)

こっちも裏ばかり見ててろくに見てないけど、永田選手がレミギウス選手に勝っちゃうとはすごい…。

かなり体重差があったこともあるけど、これで永田選手にとってはイバラの道への扉は開かれたのかな…。

 

セーム・シュルト VS ●アーネスト・ホースト (2RTKO)

レミー・ボンヤスキー VS ●ザ・プレデター (判定3-0)

中尾芳広 VS ●ヒース・ヒーリング (反則勝ち)

ジェロム・レ・バンナ VS ●アラン・カラエフ (2RKO)

大山峻護 VS ●ピーター・アーツ (1R1本勝ち・ヒールホールド)

 
ちょっと待てよ…!

これらの試合って放映してたのか?

どうでも良い煽り映像を流したり、ボビー選手VS曙選手戦をカット無しで流したりしておいてこれらをカットしていたとしたらちょっと問題アリだぞ…。

もしかしたら放映されていたのかもしれないけど…。

しかし、中尾選手が試合前にヒーリング選手にキスをして、ヒーリング選手がキレて中尾選手を殴って中尾選手が気絶して、ヒーリング選手の反則負けというプロレス顔負けの展開があったそうだが、これこそ大晦日の祭りにふさわしいと思うのだがどうなんだろ…。

シュルト選手VSホースト選手はホースト選手が負けたのなら見たくなかったからいいや…。

バンナ選手もミドルキックで勝ったというからせっかくならその勝ちシーンも見たかったし、アーツ選手の秒殺負けも見たかった。

 

男の園