GOODDAYS

  世の中の歪みをかいくぐってひたすら逆張りの人生を歩む俺の意見

格闘技

ケンカに巻き込まれた場合の中二病的脳内シミュレーション

今回は路上でケンカに巻き込まれた場合の俺のシミュレーションについて書く。 まずは路上で人とケンカになるような状況を回避する生き方をすることが第一だが、昔は血の気が多かったので、ケンカを売られるのを期待していたところがあるし、ケンカの仲裁も大…

言い過ぎるとブーメランになる

ネット上のコメントやツイッターなどを見ていると、口汚く罵るコメントが多いが、怒りは新たな怒りを作るし、口汚いことを言うと自身の品格にも悪影響を及ぼすと思うので、俺も本ブログに書く際にはできるだけそのようなことのないように気をつけているつも…

格闘技はマイナースポーツ扱いだが、競技名は日本語発祥なのである

前回、総合格闘技の興行について、「コアなファンの心をつかむには競技性を高めなくてはならず、逆に、ゴールデンタイムの地上波放送に起用されるようにプロモートするには話題性を高めなくてはならず、これらには相反する要素が求められる」と書いたのだが…

RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017までのRIZIN所感

栄枯盛衰があって、すっかり地上波から姿を消した格闘技の放送だが、一時、FC琉球の運営をしていた榊原信行氏が格闘技界に復帰し、旧PRIDE陣でRIZINを立ち上げ、テレビ映えのする高田延彦氏らの功績もあって久々に地上波放送の再開に成功し、ここ数年、大晦…

大相撲の事件の件でもうちょっとだけ

先日に論点を列挙した際に個人的意見は述べないと書いたが、ちょっとだけ。 今回の件で、法的に裁く必要があるのは暴行事件が刑事告発されるかという件のみ、もし、今後問題が起きるとすれば何かの拍子に八百長の証拠が発見されて刑事告発されるかどうかとい…

「~、~、~樹立させたいと思います」構文解釈

日馬富士側にも懇意にしている坊さんがいるようであれこれ所感を述べておられるが、護摩行だのなんだのでスポーツ選手と懇意にしている坊さんって多いっすわね。で、2017年12月2日のスポーツ報知のニュースの引用。 貴乃花親方からメールを受け取ったという…

日馬富士暴行事件の論点がありすぎな件

今回の相撲の事件ほどあまりに論点が多すぎて、かつ、政治や宗教の話題でもなく、あーでもないこーでもないと楽しめる話題もそうそうないだろう。 本来の論点は暴行事件への対応だけなのであるが、実際はそうはなっておらず論点がバラけまくっているように思…

ボクシングの文化的側面

村田諒太選手の勝利は良かったが、文化的側面で思ったことを書く。 ダイレクトリマッチで勝てるかどうかというのは本当にわからないわけで、ここまでワンサイドになるとは作戦が上手くいったのだろうと思う。それにしても、俺の決めつけかもしれないが、ヨー…

サウスポーが苦手なチャンピオン

先日、小國以載選手と岩佐亮佑選手の試合をテレビで観た。 チャンピオンの小國以載選手は昨年の大みそかに22戦22勝22KOの奇跡的なパーフェクトレコードを持つドミニカのジョナサン・グスマン選手に判定勝ちしてチャンピオンになった選手で、岩佐亮佑選手は先…

八重樫はファイティング原田ではない

ボクシングWBCフライ級八重樫東選手とローマン・ゴンザレス選手のタイトルマッチは感動的な試合だった。 そもそもローマン・ゴンザレス選手とタイトルマッチをしようという選手がいないなか、八重樫選手が受けて立ったわけだが、やる前から圧倒的に王者不利…

八百長事件で俺が思ったこと

八百長が警察からのタレコミで発覚したというが、「刑事事件でもないのにどうしてそんなタレコミが許されるのかわからん」というのが、俺が最初に抱いた所感だった。 でも、それについて論じる者は誰もいなかった。 俺の考えることは今回もマイノリティー的…

K-1 WORLD MAX 2010 世界一決定トーナメント [2010/11/8]

試合を見て思ったことを以下に書く。

長谷川穂積選手11回目の防衛戦で初めて生観戦したが…

先日、「スポーツに費用対効果を求める人は自分が選手になるべき」と述べた。 俺は絶対に長谷川選手のようなすごいボクサーにはなれない。 ならば、あまり熱くなるべきではない。 gooddays.hatenablog.jp でも、やり場がない、あまりに気持ちのやり場がない…

朝青龍引退

「知ってドッキリ民主党 これが本性だ!!」 「民主党には秘密の計画がある 民主党にだまされるな」 というキャッチコピーの自民党のパンフレットを作っていたのは産経新聞系の会社だったというニュースがネットで出ていたが、これが少しも話題にならないのは…

青木選手の凄絶腕折りシーンも放送され…

あけましておめでとうございます。 年末年始は昨日まで久しぶりに宮崎に帰郷していましたが、今日は優雅に四季のウエストサイドストーリーを観に行ってました。 Dynamite!!については、魔裟斗選手はデビューから引き際まですべてが出来過ぎ!お見事!石井選…

K-1 WORLD MAX 2009 世界一決定トーナメント [2009/10/26]

さて、ペトロシアン選手もそのうち今のように圧勝し続けられるかはわからないが、今のところはほとんど穴が見当たらないというのも事実である。 ペトロシアン選手の有利な点・すごい点は以下の点だと思う。

軽めに K-1 WORLD MAX 2009 ベスト16 感想

この前の K-1 WORLD MAX 2009 の感想をちょっと…。 やはり、佐藤選手がドラゴ選手に負けた試合が残念だったことに尽きる。 1・3Rだけを見る限りでは本戦で佐藤選手の勝ちで良いように思いもしたが、延長戦の内容を見てしまうとそんなことはどうでもいい感じ…

K-1 WORLD MAX 2009 日本代表決定トーナメント [2009/2/23]

このコーナーは惰性で続いているようなコーナーで、サラリーマンに復帰して2年以上経ち、また、キックの生の試合も観に行かなくなって久しいのでそろそろかなとも思うのだが、一度始めたことをいつまでも細~く継続させてしまうというのは私の特徴でございま…

K-1 WORLD GP 2008 決勝トーナメント感想

悪いのはバダ・ハリとはきちんとわかっている。 バダハリの行動には弁解の余地もなく、結果も当然である。 それでも、俺は違う感想も持った。 これは論理じゃなくて感情なのだから仕方ない。 論理では間違っていても違う感情がわくというのは人間にはよくあ…

K-1 WORLD MAX 2008 世界一決定トーナメント 決勝戦 [2008/10/01]

全体の感想 私は全日本キック時代から佐藤選手のファンだが、MAXというイベントが魔裟斗選手人気で遠心力を維持しているのも事実で、また、佐藤選手のキャラクターがMAXを支えられるほどに世間から認知されているわけではなく、佐藤選手が勝ってしまうことへ…

カネ稼ぎの外国人に相撲の心技体を押しつける無理難題

前回はレスリングだとか柔道について述べたばかりだが、今度は角界。 角界ってホント毎度毎度安定して旬な話題を国民に提供してくれるな~と心の底から感心する今日この頃。 ことあるごとに相撲は礼儀だの品格だのというが、しょせん外国人力士は金を稼ぐた…

K-1 WORLD MAX 2008 世界一決定トーナメント 開幕戦 [2008/7/7]

佐藤選手がブアカーオ選手に勝ったのは本当にすごいが、どういった差がああいう試合を呼び込んだのかはわからない。 決まり手は右パンチのようだが、なぜにあの攻撃だけが今までブアカーオ選手がくらったあらゆる攻撃の中で唯一意識を寸断しえたのかもわから…

大相撲最強決定戦

先週は両国に相撲のトーナメントを観に行った。 会社&中央区の福利厚生で買った大幅割引チケットは後方の升席だったのだが、真西の通路沿いだったし、4席分に4人で座れるようになっていたため半分寝転がる体勢で見られたので大変良かった。 相撲で強く印象づ…

バンゲリングベイ恵比寿

新田さんの新ジムのオープンイベントに行ってきた。 今度は恵比寿にオープンしたのだが、江古田と違って内装もかなりキレイだった。 人望の厚い新田さんなので、いろんな方々が来てらして壮観でした。 まあ、オイラはいつも通り、浜松の会長のN氏や江古田の…

K-1 WORLD MAX 2008 日本代表決定トーナメント [2008/2/2]

決勝はパンチであっさり決着。 城戸選手は足がダメになっていたからと言うが、パンチで勝てることを見せつけることはとても良いアピールになったはず。 初めて決勝まで行ったとはいえ、HAYATOさんは全試合とも主導権を握れなかったという意味では残念だった…

実は初めて生で見たヘビー級のK-1 GP

実は初めてK-1 GPを観に行った。 MAXは何度も何度も観に行っているのだが、GPは初めてだ。 東京ドームだと広すぎてきちんと見えないんじゃないかなと思って今まで行かなかったのだが、今年はすり鉢状で見やすい横浜アリーナだったのでちょうど良かったのだ。…

60kgトーナメント

昨日は全日本キックの60kgトーナメントを観に行った。 K-1は70kg級を「人類最激戦区」として売り出しているが、搾って70kgになる人間っていうのは俺みたいな体格の人間で、こんな階級を「人類最激戦区」とは言わない。 白人や黒人を入れても大半は俺よりは小…

亀田ファミリーいかに…

つまらん試合でしたな~。 すごく楽しみにしていたのにこんな内容でムシャクシャしたので、ビール1本ととカクテル2本を飲んで酔おうと思ったのですが、思ったようには酔えませんでした。 もしかして酒が強くなっているのかもしれまへんな…。 もっと飲んでベ…

K-1 WORLD MAX 2007 世界一決定トーナメント 決勝戦 [2007/10/3]

アンチ魔裟斗の人間に何も言わせなくする魔裟斗選手の実力と努力には本当に毎回感心するが、今回も大きな感動をファンに与えたわけで、ファン的にも興行的にも番組的にも良かった良かった。 ダイナマイトで再戦かな?

俺もドルジも帰国

無事、中欧から帰国しました。 今日あたりに時差ボケもなくなりました。 浦島太郎でしたが、意外に日本では何もなかったようですな~。 昨日の内閣改造で思ったのは、舛添氏もだが、増田氏の登用がおもしろいと思ったのと、咽頭ガンか何かの手術をした与謝野…