GOODDAYS

社会全般について思ったことをここでつぶやいてます

世の中について考える

そう簡単にノマドにはなれないわな

仕事場で仕事をせずに好きなところにいて仕事をするノマドワーカーという言葉がある。今のネット環境を考えると、決まった場所でなくても仕事をできるわけで、それがテレワークやノマドワークといったスタイルにつながっていくのだが、会社でしか仕事ができ…

社会科の統計データを眺めて妄想する遊び

数学は大嫌いだが、統計データを眺めるのが好きで、トイレに置いてある唯一の読み物である地図帳の地図と統計データを飽きずに延々と眺めることが多い。なので、人口や一人当たりのGDPについてはかなりの国のデータが頭に入ってしまっている。

「利用してやってる」から「利用させてもらっている」になるか、それともIT・AIが先か

少子高齢化が進み、人口も減り、働き方の意識も変わり、豊さの恩恵でそれほど働かなくても低コストで生活が回るようになっていく時代の中では働くことの価値はより高くなるだろう。 三波春夫の「お客様は神様です」という言葉は、人口ボーナス・キャッチアッ…

日本社会が移民にとって心地良くなりようがない理由

日本において、少子高齢化に伴う移民の必要性はいまは反対派が多いにせよ、時間が経つにつれて叫ばれていくことになるだろうが、明朗な言語による主張ではなく、「あうんの呼吸」で成り立つ社会が移民にとって心地良いはずがない。 文化論的根拠を挙げたり探…

実は香港人と台湾人こそが上客中の上客

目に見えて年々増える外国人訪日客だが今年は1341.4万人もいたらしい。マスコミの報道によると伸び率が83.3%もあることから中国人の訪日にばかりスポットがあたりがちである。しかし、老若男女問わず、その国の国民全員が訪日すると考えて何年に1回訪日し…

日本の観光産業を大きく毀損する外国コンサル会社ECAとマーサー

少し前にECAコンサルという会社が外国人駐在員にとって世界で最も生活費がかかる都市は東京と発表した。また、マーサーというコンサル会社も毎回東京を生活費がかかる都市の首位と発表している。 確かに、今は円安か円高かといえば円高だ(最近円安が進んで…

スポーツでプロになる夢は大抵挫折すると教えるべき

スポーツの不正事件が起こるとすぐに「子供たちの夢を奪う」という言葉が使われる。金を出しているのは主に大人の客なのだから、別に金も出していない子供よりまずは大人の客を向けと言いたい。それに、「どうせほとんどは努力してもアスリートとして成功で…

シエラレオネというあまりに遠い国

シエラレオネという国があるのをご存知だろうか…。統計を見る限りでは“世界で最も豊かでない国”だと思う。1961年に独立した元イギリス領のこの国は(世界に53ヵ国ある英連邦の一国でもある)、500万人以上の人口に対して、医者がわずか50人しかおらず、男性…

AV女優に関する素朴な疑問

インターネットが普及して世の中は本当に変わった。欲しい情報を即座に手に入れることも可能になったし、逆に絶対に知りたくもなければ欲しくもない情報に触れる機会も増えた。ところで、今の世の中は簡単にノーカットのサンプル動画や画像が手に入りすぎる…

体育会とコクドと北朝鮮の共通項

僕は大学の頃に大学の体育会的な組織の部活に属していた。部活そのものは嫌いではなかったが、体育会の組織形態というものについてはこの上なく嫌いというか僕の性には合わなかった。 確かに、上下関係がしっかりしていると、意思決定の優先順位が決まってい…