GOODDAYS

世の中をかいくぐって逆張りの人生を歩む俺の意見

災害と社会の動きについて

東京では台風が峠を過ぎたし、うちは川沿いにあるのでビジュアル的な怖さはあったものの何事もなく済んだが、停電の件数もかなり多いようだし、被害各地で被害状況が明らかになるのが本当に怖い。 それにしても東京の機能がここまでストップしたのを見たのは…

消費税と社会保険料と目くらまし

過去に消費税について思うことに関しては思いの丈を述べたつもりであるが、このたび増税になったこともあり、今回は社会保険料との比較と目くらましという観点で述べることとする。 gooddays.hatenablog.jp サラリーマンに課せられている厚生年金保険料は18.…

なつぞらロス・10月1日・グレタさん

旅行中に録り溜めていた「なつぞら」を一気見した。 涙ちょちょぎれながら観つつ、今日よりロスに突入する。 Netflixの「宇宙を駆けるよだか」でも鬼気迫る演技をしていると過去に述べたことがあるのだが、主人公なつの妹の千遥役の清原果耶さんの演技はやは…

旅行における俺流の荷造り法

9月20日から29日までウズベキスタンを夫婦で個人旅行してきた。 子供の頃から憧れ続けたシルクロードのオアシス都市で最高の異国体験を満喫することができた。 最後の28日の朝から29日の夕方まではソウルにも立ち寄った。 ウズベキスタンはこれから大ブレイ…

足を組む癖を止めることができた

足を組むと身体の左右のバランスに歪みが生じるので健康に良くないし、電車で足を組むと他の客に迷惑になるうえ、身長183cmかつゴツい体形の俺が足を組むと周囲に尊大なイメージを与えてしまうとわかっているのだが、長らく足を組む癖をやめられずにいた。 …

日本中が震撼した損害保険ジャパン日本興亜のスキーム

実はこのブログは下書きだけしてあってアップしていない内容が相当な数あるのだが、今回は6月末に書いたのにまだアップしてなかった内容に8月のトピックを加筆してアップすることとなる。 このブログは思いついた時にガーっと書き、アップする直前に読み返し…

近所の時給上昇を見て思ったこと

10月から東京都の最低賃金額が時給1,000円を超えるそうだが、求人のビラが家のポストに投函されているのを時たま見かけるようになった。 とあるショッピングセンターの夕方のレジ打ちの時給は1,470円とのことで、土日は100円増しとあり「結構高いものだな」…

香港の苦境を思う

香港における逃亡犯条例の改正の動きの直接のきっかけは2018年2月に台湾で起きた殺人事件だったようである。 台湾で起きた香港人カップル間の殺人事件を裁くのは当然ながら台湾側だが、現在、香港と中国・マカオ・台湾との間では一国二制度のもと犯罪人引渡…

「韓国なんて要らない」特集について・天陽ロス

個人としては右にも左にも違和感があるので偏りたくないし、これまで政治の問題点について数多く書いている通り、自民党政権を積極的に支持しているというわけではないとことあるごとに述べているのだが、「左派の人って毎度ながらマジですげーな」と驚かさ…

年金財政検証・大人のジャンプ酒場

年金のことを気にはしつつも「老後はまだ先だから」と考えているため、若い人たちは必死にならないのだろうけど、年金の所得代替率が下がる見込みであると政府が堂々と述べているのに何の騒ぎにもならないのだから若者がおとなしい国であるものである。 俺は…

なめられる花粉症患者・中国ダサすぎ

8月23日に健康保険組合連合会が同じような効果の市販薬で代替できる花粉症薬を保険適用外にして医療費を600億円削減したいと提言したニュースには驚いた。 一番驚いて焦ったのは耳鼻咽喉科の病院かもしれないが、花粉症は患者の人数が多く、薬を飲むことによ…

「あおり殴打」と交通管理

それにしても先日の「あおり殴打」事件の宮崎文夫容疑者カップルへのバッシングはすごかったなあと思う。 この「あおり殴打」という見出しのネーミングはキャッチーだなと笑ってしまったが「ガラケー女」という呼び方はちょっと差別的だと思う。 この事件は…

下水の前提条件を勘違いしてた

大雨の時には下水がきちんと処理されずに東京湾に流れ込むことがあるということを知らなかった。 不勉強と言われればそれまでだが、だとしたら良くもまあオリンピック時にお台場でトライアスロン競技を行おうなどと思ったものだと思う。 このことについて述…

何故か自らが不利な案件で争う韓国

朝は涼しくなってきてありがたい限りだ。 北朝鮮・中国・ロシアを利するだけの日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄したのには驚き呆れたが、必要な情報はアメリカから入ってくるのだろうと思う。 残りのGSOMIA締結国は本当に良好な関係を築いている国…

認めて受け止めて、主張し、感情的にはならない

8月1日から3日間、パラ卓球の国際大会が東京の港区で開かれたようだが、ドイツの選手たちは、およそ1週間、東京に滞在し、大会前に電車に乗って街を観光したり、建設が進められている選手村の近くまで見学に行ったりしたとのことである。 以下はそれを報じた…

小池百合子氏が吹かせた風は…

7月25日に国民民主党の玉木雄一郎代表が君子豹変して「憲法改正の議論は、しっかり進めていきましょう」と述べ、建設議論路線に転じたのかと一瞬だけ思わせたが、案の定、翌日には撤回した。 逆にやっと重い腰を挙げた立憲民主党の枝野幸男代表と衆参両院の…

ビーチに行かなくなる・お気に入りの文具

学生の頃は伊豆の弓ヶ浜で毎年夏合宿をし、二十代中頃から10年間ぐらい毎年仲間と伊豆の白浜に行っていたが、ここ数年は国内で全く海水浴に行ってない。 白浜の代わりに浅間山のふもとに立つ友人の別荘に家族ぐるみで行かせてもらうようになった。 年をとっ…

人を不思議がる前に自分のことを…

俺は「何事もカネがなけりゃどうにもならんだろ」と思考するタイプなので、商業主義のことをそんなに悪く言わないほうだと思っているのだが、さすがにこのクソ暑い時期にオリンピックをやることには怒りを覚える。 アメリカの商業主義に屈してしまっている組…

酒へのヘイトは来るか?

俺のポートフォリオはメキシコペソで運用している分が多いので米中貿易摩擦での円高はとても痛い。 そのうえ、わかっていたこととはいえ、政策金利が5年ぶりに下がり、8.25%から8%になって無念だが、それでも証券会社は8.9%のスワップ金利を入金してくれて…

早くも今年の“裏”流行語大賞は「断韓」で決まり?

令和の時代を迎えた慶びはあれど、今年の“裏”流行語大賞は間違いなく黒鉄ヒロシ氏発案?の「断韓」で決まりじゃないかと思うのだが、実際にはノミネートされることすらあるまい。 政府を見ても不買運動の広がりを見てもそうだが、ここまで韓国が狂気に満ちた…

つぶやき宣言・香港情勢

いかんせん文が冗長なので字数制限を制限されるとしんどいし、つながればつながるほど他人とのコミュニケーションがストレスの素になると思うのでTwitter上でつぶやく気にはならないが、まとまっていないことでもつぶやきたいことは多々ある。 これまではあ…

偏った思考回路に陥っていないかの自問自答

前回に続きを書くと言っておきながら、前回と今回はほとんど別々の内容となるが、今回は自分自身が「果たしてこれで俺はバランスの取れた思考回路を持てているといえるのだろうか?」「偏った思考回路に陥っていないだろうか」と自問自答し続けていることの…

左派を嫌悪する気持ちを持ちつつも思考のバランスを取る難しさ

バランスを取った発言をする必要があるかの是非はともかく、言論機関ですらバランスを取った発言をしているとは到底思えないのだが、俺個人はあまり偏った考え方をしないバランスの取れた人間でありたいと願っている。 また、「バランスが取れている状態って…

日本の夏は北欧の冬と同じと思え!

ヒートテックやウルトラライトダウンといった製品を開発したユニクロ様等々の企業努力によってもはや東京の冬は苦ではなくなった。 しいて言えば1月末から2月初旬の間に「家に籠ったがマシ」と思う水準の寒波が来る程度である。 むしろ、毎日が晴天で空気が…

逆張り的な意見を強弁する側の勇気

投資は逆張りより順張りのほうが良いと思うが、俺の生き方は世間のトレンドと逆行する逆張りのスタイルだと思っているし、このブログで述べている意見も大抵は逆張り的な意見である。 しかし、明らかに強い反感を買うことが予想される中で逆張り的な意見を述…

凶悪犯罪と反社会勢力と人権など

結局、参議院選挙は全国区は佐藤正久氏、東京選挙区は武見敬三氏に投票した。 毎回自民党を支持するわけではないのだけど、前回述べた通り、俺が最大の争点と考えたのはシーレーンの保持である。 佐藤氏に投票したのはまさにそこを重視したからであり、武見…

熱くなることと重要なことと参議院選挙の争点

俺個人が日本国に占めるウエイトは1億分の1以下だとわかっているし、国のために命をかける覚悟なんて1ミリもないので、決して愛国者を気取っているわけではないけど、何故か昨今の韓国との紛争に関するニュースに関しては片っ端から読んでしまっている。 片…

七夕の憂鬱・憂鬱な夏本番

ゆりかもめが北国に帰る日ほどではないが、七夕の日は少し憂鬱だ。 七夕の夜から10月初旬まで東京タワーの色がオレンジからホワイトに変わるからである。 「東京タワーのライトの色は1年中オレンジにして欲しい」と短冊に書きたいぐらいだ。 ちなみに今現在…

満を持して韓国に繰り出した手か

実家が宮崎市にあるので大雨が心配ではあるが今回は韓国の話。 韓国という国のことはどうしても好きになれないし、かの国のおかしさについて述べ始めたらキリがないのでここでは述べないが、わかってくれないのであればいつかこちらからわからせなくてはなら…

株主優待のお得感がなんともうれしい

株主総会がピークを迎え、配当と株主優待をGETする時期が到来した。 その企業のことを愛しているがゆえに株価を気にせずに持っている株式もあるが、好きな飲食チェーンはその最たるもの。 俺が持っている飲食店チェーンの株式は、魅惑的なレストランをこれで…