GOODDAYS

社会全般について思ったことをここでつぶやいてます

ふと美容整形の話題になって

うちのご主人と街を散歩しながら話をしている時に、ふと、日本人で整形している人の割合の話になったので、実際はどんなものなのだろうかとググったら、高須クリニックのページに行き当たった。記事は高須Jr.氏が記していたのだが、以下に少しだけ引用する。…

今さら韓国ネタ

昨日、北朝鮮について述べたが、今日は韓国に対してどうしても疑問に思うことを述べる。軍事レベルではなく、世論レベルの話とはいえ、執拗に日本を目の敵として扱い続ける韓国の世論には本当に理解に苦しむものが多い。誤認・教育・ウリジナル・火病など、…

核抑止理論と北朝鮮と日米韓

12月8日を意識しない年はない。日米開戦の日であり、世界平和を願い続けたジョン・レノンが凶弾に倒れた日でもある。第二次世界大戦前の日本と同じく経済封鎖で追い込まれる北朝鮮の状況と、核兵器に対する基本的な観点と、今の日本が置かれた状況を以下に整…

大相撲の事件の件でもうちょっとだけ

先日に論点を列挙した際に個人的意見は述べないと書いたが、ちょっとだけ。今回の件で、法的に裁く必要があるのは暴行事件が刑事告発されるかという件のみ、もし、今後問題が起きるとすれば何かの拍子に八百長の証拠が発見されて刑事告発されるかどうかとい…

トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都として認めた件で思ったこと

甥や支持者の存在はあるのだろうが、トランプ大統領は、これまでどんなにユダヤロビーが暗躍しても誰も踏み込めなかった決断をしちゃったわけだが、今後どうなるのかは未来のみぞ知る感じですな。これは池上彰氏の本を読んで後で知ったことだが、昔、ブッシ…

表ブログと裏ブログを再統合しました

GOODDAYSは半年ほど前から意図があって表ブログと裏ブログに分けて運用してきたのですが、分けて書くのが面倒になってきたので再統合します。読んでくださる方にはご迷惑をおかけします。思い浮かぶことがあっても書いたり書かなかったりしていたのですが、…

livedoor見出し釣られの件(再)

一昨日、livedoor見出しに好んで釣られてしまうことについて書きましたが、昨日も釣られました。2017年12月5日のlivedoor見出し。「浅野忠信の父逮捕に怒りあらわ 」記事を読むと、主語は梅沢富美男氏でした。見事に一本釣られました!そして、本日、2017年1…

人生100年と謳う日本政府の公式寿命推計は?

昨日、人生100年について書いたが、リンダ・グラットン氏の「LIFE SHIFT」ではコーホート平均寿命とピリオド平均寿命で推計が異なるというふうに書いており、一般的にはピリオド平均寿命がとられているが本書ではコーホート平均寿命で試算したというようなこ…

いつの間に人生100年が公式見解になったというのだ?

リンダ・グラットン氏の「LIFE SHIFT」は発売されて間もない頃に読んだ。本書は、平均寿命100歳の「人生100年」時代が到来するから当事者のみなさんはきちんと考えていこうねと啓発している。確かに先を見ることは大切だし、100歳まで生きるのに65歳とかで引…

決済について思うことと、仮想通貨のわからなさ

10年以上前に練馬区に住んでいた頃、オーケーストアというとんでもなく安いスーパーがあって使っていたのだが、うちの近くにも来ないかなと思っていたところ、隣の江東区にできていたようで、自転車を20分漕いで買い出しに行った。200円を払ってそこの会員に…

livedoor→Peachy恐るべし!

ニュースのポータルサイトでよく見るのはYahoo!JAPANだが、うちのご主人から「釣りばっかだからやめとけ」と何度も言われているのについつい、livedoorのポータルサイトをチェックしてしまう。そして、懲りずに見出しに釣られて騙されまくる日々を送っていま…

「~、~、~樹立させたいと思います」構文解釈

日馬富士側にも懇意にしている坊さんがいるようであれこれ所感を述べておられるが、護摩行だのなんだのでスポーツ選手と懇意にしている坊さんって多いっすわね。で、2017年12月2日のスポーツ報知のニュースの引用。「貴乃花親方からメールを受け取ったという…

村八分ニュース、いろんな意味で恐るべし

大分県の村八分のニュースが少し前に報じられたが、ニュースの受け取り手も色々な感情を抱いてしまいがちなニュースというのは、論点をある程度はっきりさせないと誤解を起こしてしまいがちなので、自分で論点を整理して考えることにした。ニュースは2017年1…

ほぼフェイクニュースを垂れ流す英エコノミスト誌とフォーブス・ジャパン

以下、本日(2017年12月3日付)のフォーブス・ジャパンの記事の引用。「英エコノミスト誌の調査部門、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が毎年発表している報告書によると、シンガポールはここ4年間にわたって『トップ』を維持している。EIU…

日馬富士暴行事件の論点がありすぎな件

今回の相撲の事件ほどあまりに論点が多すぎて、かつ、政治や宗教の話題でもなく、あーでもないこーでもないと楽しめる話題もそうそうないだろう。本来の論点は暴行事件への対応だけなのであるが、実際はそうはなっておらず論点がバラけまくっているように思…

東京タワーと我が家の間

隅田川沿いに経つ低層マンションの我が家からは東京タワーが根元から見えるのだが、そのギリギリ横っちょにタワマンが建っていっている様子。

クミンシード瓶でプチ旅

外国を旅するうえでのかなり大きな醍醐味は現地の匂いを嗅ぐことだ。逆を言うと、日本に居ながらにしても匂いを嗅ぐだけで外国に脳内トリップしてしまうことがある。そういう意味で、俺は外国料理屋の前を通るのが大好きである。

定額制について③ 定額制とシェア

定額制に用いられる用語として「○○放題」という言葉があるが、意味を調べた。コトバンクによると以下のような意のようである。

定額制について② 「情弱」が支えるコンテンツ業界

情報弱者を指してそのように言うらしい「情弱」という言葉は好きではないが、今回はこの言葉を使うのが適当だと思うので使う。もちろん、スマホ代という固定費を渋って、月額3,000円程度で済むようになる半年前までガラケーで通した僕も情弱の一人である。

定額制について① 定額制と幸せについて

「定額制」について思ったことを3回に分けて書く。

トイレの退化

少し前に友人の実家に農作業(果実の収穫)の手伝いに行った時にそこのトイレが男女別だったことに衝撃を受けた。家に居ながら立って用を足せるわけである。

書くからには少しは読まれたいけど、顧客志向のブログにはならない

そんなに気にはしていないのだが、はてなブログに移転してから本ブログのアクセス数が数分の1に激減している。カウントの仕方が違うのかはわからないが、ずっと前にDIONのLOVELOGで書いていた頃は日に500アクセスはあったのに対し、今は10アクセス程度の日す…

旅の限界

旅をしていて限界を感じることがある。旅をしてすること、できることといったら以下のことに集約できると思う。

比例得票数で見る2017年衆議院選挙結果分析

過去にもしているのだが、選挙結果の最も基礎的な指標として、比例選挙区の得票数を分析することが政党の実際の支持者数の比較に最も役立つと思うので今回もやってみた。

久々にリベラル票の存在感

選挙は立憲民主党が躍進したようだ。このままではジリ貧だったとはいえ、希望の党に集まった旧民進党議員のお粗末さが際立った選挙だったように思った。

ボクシングの文化的側面

村田諒太選手の勝利は良かったが、文化的側面で思ったことを書く。

ゆりかもめが戻ってきた

過去の年も何度か書いている気がするのだが、今秋初めてゆりかもめが戻って来たのを観測した。

Google様はそこまでお見通しとは…

7月7日に「検索まで紐づくとは…」と書いたのだが、GPS機能がついていない一眼レフで撮った写真をGoogleフォトに撮り込んだら写真を撮った位置の地図がついていたので、調べたところ、GoogleフォトとGoogle「ロケーション履歴」という機能と紐づいているらし…

そう簡単にノマドにはなれないわな

仕事場で仕事をせずに好きなところにいて仕事をするノマドワーカーという言葉がある。今のネット環境を考えると、決まった場所でなくても仕事をできるわけで、それがテレワークやノマドワークといったスタイルにつながっていくのだが、会社でしか仕事ができ…

共感できなくなるのは仕方ないことである

SNSはFacebookのみやっているが、「ふーん、そうなんだ~」と思うことはあれ、心底「いいね!」と思うことはそう多くない。